餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「筒井康隆展」入口までのフォトレポート

スポンサーリンク

4年ぶりに、僕は「あの地」を訪れた。

f:id:ICHIZO:20181022212705j:plain

京王線、芦花公園駅で下車。

駅の回りは、当時と全く同じ、閑静な住宅街だった。

幸い、僕の記憶は錆びておらず、僕は、4年前の懐かしい思いに浸りながら、駅からそこまでの場所を歩いた。

僕が目指した場所は、この駅の南口から、徒歩5分程度歩いた場所にある…。

f:id:ICHIZO:20181022212721j:plain

ここ。世田谷文学館。

4年前の7月。僕は、はやる気持ちでこの場所を訪れたのだ。

その日のことは、もちろんエントリーに書いている。

「日本SF展」という名の、SFの国探訪に痺れまくったことを思い出す。

この展示会では、会期中に、「筒井康隆先生 朗読会」という記念イベントも開催されたため、僕は、もちろん再訪。

一生忘れられない、感動の1日になった。

そんな場所を、僕が再び訪れた理由は、ただひとつ。

そう。

朗読会で痺れさせてくれた筒井先生の展示会が、他ならぬこの場所で行われることになったからだ。

その名もズバリ…。

f:id:ICHIZO:20181022212736j:plain

 筒井康隆展

である。

「筒井康隆」という文字を入力するだけで、僕は、ちょっと感動してしまう。

子供の頃、筒井先生の名前を書店で見かけるたびに興奮し、その名前を手書きで記すだけで、感慨に浸っていたことを思い出す。

それぐらい、僕にとって、筒井先生は特別な存在なのだ。

その思いは、もちろん今も変わっていない。

ただ、キーボード入力による活字では、僕の興奮、感動ぶりを伝え切れていない懸念がある。

そうだ。

僕の興奮度に合わせたフォントサイズに変えてみようw筒井康隆展

僕の興奮が伝わっただろうか?

世田谷文学館に入館すると、まず、展示会の開催を祝う花が目に留まった。

f:id:ICHIZO:20181022214219j:plain

f:id:ICHIZO:20181022214239j:plain

さまざまな出版社、TV番組、有名人からの花が飾られており、壮観だ。

館内では、筒井先生の著書も沢山販売されていた。

f:id:ICHIZO:20181022212831j:plain

f:id:ICHIZO:20181022212848j:plain

文庫本の数々は、言うまでもなく…。

f:id:ICHIZO:20181022213958j:plain

 アンソロジーや関連書も多数。

f:id:ICHIZO:20181022221259j:plain

昨年完結した「筒井康隆コレクション」は、全7巻がまとめて陳列されており、圧巻。

f:id:ICHIZO:20181022221244j:plain

この秋に発売されたばかりの新刊2点も、しっかり展示されている。

「筒井康隆、自作を語る」の素晴らしさについては、発売直後のエントリーで書かせていただいた。

それと並んでいる、総特集 筒井康隆:  (文藝別冊)も、もちろん、全ツツイスト必携必読の本だ。

僕がシカゴに行っている間に発売されたため、新刊レビューのタイミングを逸してしまったが、いずれしっかりと紹介させていただこうと思う。

会場では、展示会の記念商品も販売されている。

f:id:ICHIZO:20181022214033j:plain

 マルチペーパーとしおり。

f:id:ICHIZO:20181022221355j:plain

「筒井康隆展 図録」

これらは、この会場でしか購入できないため、展示会に訪れた際は、絶対に入手しておきたい。

僕はもちろんゲットし、想像以上の素晴らしさに興奮。何が素晴らしいか、という点については、別途あらためてレビューさせていただく予定だ。

f:id:ICHIZO:20181022214316j:plain

ロビーには、メッセージコーナーとして、筒井先生への思いを書き綴ることができるようになっていた。

メッセージひとつひとつに、ツツイストの熱気が満ち溢れており、それを読んでいたら、展示会への興奮が高まってきた。

f:id:ICHIZO:20181022221729j:plain

ロビーでは、筒井先生の関連番組も放映されていた。

と。ここまで紹介させていただいた1階のスペースは、無料で鑑賞することができ、撮影も自由。

しかしもちろん、それだけではここを訪れた意味がない。

メインの展示会場は、文学館の2階。

f:id:ICHIZO:20181022212937j:plain

この階段を上ったところで行われているからだ。

ここに入場するためには、もちろん、チケットが必要。

f:id:ICHIZO:20181023050249j:plain

ということで、僕は、このチケットを携えて、夢へと続く階段を上った。

f:id:ICHIZO:20181022213009j:plain

会場入口。

チケットを提示し、巨大な筒井先生暖簾をくぐると、僕の期待をも超絶する、圧巻の展示が待ち受けていた。

(以下、続く。)

総特集 筒井康隆: 日本文学の大スタア (文藝別冊)

総特集 筒井康隆: 日本文学の大スタア (文藝別冊)

 

マラソン・ジョギング ブログランキングへ