餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「クイーン」&「Amazon music unlimited」が素晴らしくて、素晴らしくて…。

スポンサーリンク

今年。2018年は、僕にとって運命的出会いがあった年だった。

それは、クリスマスの日にふさわしい、ロマンチックな出会い…

というわけではない(お約束w)が、とても大きな事件だった。

そう。

なんと言っても、「ボヘミアン・ラプソディ」という映画を見て、クイーンの素晴らしさを(今更)知ったことが、僕的な、最大の出会いだ。

映画を見る前に知っていた曲は、わずか数曲程度。

もちろん、耳にしていた曲は数々あったけれど、そのタイトルさえもわからない状態だった。実に恥ずかしい。

しかし、だからこそ、個人的には大きなメリットがある。

「知らなかった」ゆえに、聴く曲聴く曲、何もかもが新鮮で、刺激的だからだ。

僕は、映画のサントラ盤⇒「オペラ座の夜 - A Night at the Opera」⇒ベスト盤という流れで聴きまくり、そして今は、彼らのオリジナルアルバムを順に辿っている。

あぁ、なんといい曲の多いことか!

「ボヘミアン・ラプソディ」の映画に登場した曲たちは言うまでもなく、それ以外も名曲ばかりで、枚挙にいとまがない。

「SeaSide Rendezvous」「輝ける7つの海」「心の絆」「Bicycle Race」「Innuendo」「Too Much Love Will Kill You」…などなど、タイトルを書いていくだけで痺れてしまう。

クイーンの素晴らしさは、フレディ・マーキュリーの歌だけじゃないことも、今更知った。

ブライアン・メイの超絶的なギター演奏や、名曲中の名曲「’39」をはじめとした歌たち。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の中でディスられる(でも、曲は流れない)ロジャー・テイラーの「I'm In Love With My Car」も、最高だと思った。

…と、僕が偉そうに書き綴れるのは、なんと言っても、Amazon music unlimitedに加入しているおかげ。

この聴き放題サービスには、クイーンの発表してきたアルバムが、全てと言っていい*1ほど含まれている。

過去のアルバムだけじゃない。「ボヘミアン・ラプソディ」のサウンドトラック盤だって、発売早々に入っていた。

いやはや、感動だ。

もしもこのサービスがない時代だったら、僕は、それらのアルバムを大人買い(流石に全部は厳しい…。)するか、あるいは、レンタルするしかなかった。

実際、僕は、映画「ボヘミアン・ラプソディ」鑑賞直後、近所のTSUTAYAへ行き、クイーンのCDを借りまくろう!としたのだ。

しかし、店舗の在庫を見てすぐに断念。

映画効果で借りまくられていたのか、あるいは元々少なかったのかよくわからないけれど、ベスト盤が数枚残っているだけだったからである。

ということで、Amazon music unlimited内のライブラリーを検索してみると、前述の通り、「宝の山」だったことが判明。

なんだ、わざわざ借りにいく手間なんていらないじゃないか!

僕は、歓喜したことを思い出す。

以前だったら…。

  • 店舗でCDを探す
  • 代金を払ってレンタル
  • PCなどにCDを入れてインストール
  • 店舗へ返却

という手間が必要で、ズボラな僕にはこれが結構面倒だった。

しかし、今や、それが今やオンラインで全て完結するし、スマホひとつだって可能。

お気に入りに登録した楽曲は、複数のデバイスでクラウド共有されるため、いつでもどこでも、快適な音楽環境を保持。

いやはや、いい時代になったものだなぁ…と、つくづく思う。

同種のサービスは、Apple MusicやSpotify、Google Play Musicなど多数あるし、クイーンの楽曲ならば、どのサービスも対応しているだろう。

だから、好みのものを選べばいいと思う。

ただ、僕は、Amazon music unlimitedの操作性が気に入っているし、AmazonのWebサイトとも連動しているので便利。

そして何より、アレクサと連動していることも大きい。

アレクサは、気に入った曲を目覚ましとして設定することもできるため…。

f:id:ICHIZO:20181225052507j:plain

僕は今日、この曲に元気をもらって目覚めた。

いやぁ、本当に、クイーンの楽曲は素晴らしい。今や、僕の心の大きな支えだ。クイーン世界に浸っている間、僕は本当に幸せな気分になれる。

しかし、夢の時間は永遠に続かない。僕には、シビアな現実世界が待っているw

今日も、ひとたび会社に入ってしまうと、憂鬱な1日となるのは確実。

ブルーな心を紛らわすために、クイーンを聞きながら、少し走ってこよう。

*1:限定版などもあると思うので、言い切ることはできない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ