餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「ニューヨークシティマラソン2019」エントリー完了!(抽選待ち…。)

スポンサーリンク

あとは、運を天に任せるだけ。

ニューヨークに関する僕の思いは、年初のエントリーでたっぷり語った。

とりわけ、ニューヨークシティ・マラソンへの思い入れは格別で、僕は今でも、8年前の感動を思い出す。

あの時は、60万円近くの金額を払って、ツアー枠で出場。「高いなぁ…。」と思った記憶がある。

今の僕にそんな資金的な余裕はない*1ため、できれば、自力で出場したかった。

f:id:ICHIZO:20190118045416j:plain

TCS New York City Marathon

今週、折しも、その申込がスタート。

f:id:ICHIZO:20190118054459j:plain

エントリーページも大々的にオープンしている。

基準タイムを満たしていれば、確実に出走できるという枠もあるのだけれど、鈍足ランナーの僕には、到底届かないので、抽選枠での申込。

最初にNYRR(New York Road Runners')に加入する必要があったり、アンケートに答えたりしなくてはいけなかったため、手続きにはちょっと時間がかかった。

途中で、任意の寄付を求められたため、$10を寄付。

抽選結果とは無関係だし、たいした額ではないのだけれど、僕なりに、ニューヨークへの思いを託したかった。

簡単なアンケートに答え、クレジットカード番号を入力し、無事、エントリー完了。

その画面を見て、僕は大きく驚いた。

エントリー途中のアンケートで、スポーツメーカーを選ぶ質問があり、僕は、ASICSを選択していたからである。

僕のメインシューズは同社のターサーシリーズだし、ニューヨークシティ・マラソンのオフィシャルスポンサー。

これを選んでおけば間違いない、と、その時は思った。

しかし、エントリー完了の画面に大きく表示されたのは…。

f:id:ICHIZO:20190118051314j:plain

NB(New Balance)だった。

なんと、ニューヨークシティ・マラソンにおける、現在のスポンサーは、NBなのか。いったいどういうことなんだ。

と、思いながら調べてみると、こんな事実が発覚。

…そうだったのか。知らなかった。

それがわかっていれば、前述アンケートでの設問で、NBを選んでいたのになぁ…。不覚だ。

設問には、「どのメーカーを選んでも抽選結果には関係ない」という類いの注釈はついていたけれど、でも、やっぱり関係ありそうな気がする。

とはいえ、今更悔やんでも仕方がない。

f:id:ICHIZO:20190118054410j:plain

登録は完了しているので、あとは抽選結果を待つだけ。

スポンサーの思惑に左右されない、純正な抽選が行われることを信じて(それでも倍率的に厳しいのだけれど)結果発表を待とう。

Been There Run That New York City 2018 Funny Marathon Shirt [並行輸入品]

Been There Run That New York City 2018 Funny Marathon Shirt [並行輸入品]

 

*1:8年前も余裕があったわけではないのだけれど、それよりも、「絶対に出たい!」という意欲の方が上回っていた。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ