餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

無問題!BlackBerryが使える4月1日の幸せ

スポンサーリンク

(承前)

今日、4月1日。

docomoのBlackBerry Internet Service(BIS)は、ひっそりと終了していた。

…というのが、エイプリルフールのウソだったら、どんなに嬉しいのに。

しかし、嘘じゃない。悔しいけれど、嘘にできない。

僕が実際に検証したわけではないけれど、既に、WebやSNSでは、BlackBerry Bold 9900で繋がらないとの報告が(本当の話として)上がっているからだ。

2006年(平成18年)9月よりサービス提供を開始いたしました「ブラックベリーサービス」については、2017年3月31日(金曜)に終了させていただきます。

ドコモからのお知らせ 

docomoは、2年前からの告知通り、昨日3月31日をもって、BlackBerryのサポートを打ち切った。

BlackBerryユーザー以外には、殆ど誰も知らないような状況の中、淡々と、事務的に。

だから、もう愛しの9900でWebサービスを使うことはできない。

僕はこの瞬間を座して迎えるのが切なすぎたので、2週間前に、9900と別れを告げ、BlackBerry Classicへ乗り替えた。

docomoのBISがなければ使えなくなる9900と違い、Classicは、BISに依存しないOS10を搭載しているからだ。

とりあえずひと安心。9900より、使い勝手は大きく落ちてしうが、新機種のKEYoneを入手するまでは、これで十分凌げる筈、と思っていた。

ところが…。

思いもよらぬトラップが発生。

なんと、僕のBlackBerry Classicは、イヤホンジャックに障害が発生しているようで、まともな通話ができなかったからだ。

いくらwebサービスが利用できても、通話に不具合があるのでは、BlackBerryを使う意味がない。

ということで、僕は四苦八苦。

自力で修理しようと試みたが、不器用な僕には無駄な抵抗だったようで、断念。

いったんそこで途方に暮れたのだけれど、色々と検索してみた結果、このサービスに頼れば、何とかなりそうな気がした。 

スマートフォングッズ販売ショップ、MOUMANTAI(無問題)だ。

f:id:ICHIZO:20170331212054j:plain

MOUMANTAI リペアサービス|修理 部品交換依頼 お問い合わせフォーム

ここでは、スマートフォン等の「リペアサービス」というのを行っており、修理実績などを確認すると、BlackBerry Classicのフロントパネル交換やSIMスロット交換記録が載っていた。

ならば、きっとここで修理してもらえる!と、思い、僕は問い合わせフォームに、BlackBerry Classicの相談として、以下の症状を書き綴り、担当者からの返事を待った。

通話をしようとすると、スピーカーが、勝手に「ヘッドセット」「ハンドセット」に切り替わってしまい、途切れ途切れで通話できない状態です。

イヤホンジャックには、何も刺しておりません…。

レスポンスは早く、その日の夜には回答が来たのだけれど、その内容については意外なものだった。

お問い合わせありがとうございます。リペアサービスでございます。弊社では対応致しかねます。お力になれず誠に申し訳御座いません。宜しくお願い致します。

 …えっ?

僕は、大いに驚いた。フロントパネルの交換やSIMスロットの交換はできるのに、どうして、イヤホンジャックの修理ができないんだ。

しかし、こう、にべもなく断られてしまうと手のようがなく、僕は再び大いに落ち込んだ。

その後、僕は一晩途方に暮れていたのだけれど、Twitter経由で、有益な情報を提供していただいた。 

BB Classic用イヤホンジャックケーブルの交換部品が販売されているという、情報だ。

f:id:ICHIZO:20170331211633j:plain

Blackberry Classic (Q20) イヤホンジャックケーブル

僕の障害は、イヤホンジャックケーブルに問題があるのだから、「交換」してしまえば、おそらく一発で解決する。

前述の通り、僕のスキルでは自力で交換することができないが、この販売サイトには、以下のような記述があった。

Blackberry Classic (Q20) イヤホンジャックケーブルです。
イヤホンから音が再生されなくなった場合の交換用にどうぞ。弊社にて交換作業も承っておりますので、ご希望の場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

弊社にて交換作業も承っております」と書いてある。

そして…ここで言う「弊社」というのは、実は、「MOUMANTAI」だったのだ。

僕は、いったんあっさりと断られてしまった経験から、恐る恐る、「交換」対応を依頼すると、今度はあっさりOK回答が来た。

部品購入、交換で対応してくれるなら、最初からそう言ってくれればいいのに…とも思ったが、いずれにしても、僕はほっとした。

気になったのは、交換修理にかかるコストだったが、見積もりでは、以下の連絡をもらった。

・Blackberry Classic (Q20) イヤホンジャックケーブル パーツ代 1,500円
・技術料 3,800円
・返送代 600円

パーツ代、送料はともかくとして、技術料が3,800円ならば、個人的には十分許容範囲だった。

ということで、僕は修理を依頼。すぐに、リペアサービス宛にBlackberry Classicを発送した。

担当者からは、商品の状況確認後、修理金額の変更があり得るという案内を受けていたが、結局、見積もり通りという連絡があったため、すぐに修理を依頼。

あとは、返却を待つばかりとなった。

発送したのが週末近くだったこともあり、多少時間はかかったが、営業日ベースで言うと、わずか数日で…。

f:id:ICHIZO:20170331212421j:plain

修理品が戻ってきた!

スピーディーな対応に感謝。

f:id:ICHIZO:20170401145132j:plain

通話も全く問題なかった。

発話、終話キーも装備しており、端末サイズも大きいので、電話としての使い勝手は、9900に勝るとも劣らない。感激だ。

ということで、僕は4月1日以降も、無事にBlackberryを利用できることになった。

Blackberry Classicは、もともとBISに依存していないのだから、4月1日以降も使えて当たり前の話。

しかし、僕としては、紆余曲折あっただけに、無事に利用できて、本当に嬉しい。

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ