餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

あと3秒!の川内優輝に泣けた、世界陸上男子マラソン

スポンサーリンク

あぁぁーーっ!と、僕は思わず声が出た。

惜しい、本当に惜しい。なんという結末なんだ、これは。

f:id:ICHIZO:20170807030904j:plain

川内優輝、日本代表ラストランとなる世界陸上。

残り数キロで順位をぐんぐん上げ、8位の選手を捉える直前…だったのに、たった3秒足りなかった。

f:id:ICHIZO:20170807031441j:plain

フィニッシュ後、倒れ込んだ川内の姿を見て、僕は涙が出そうになった。

f:id:ICHIZO:20170807034032j:plain

その後、苦悶の表情を浮かべて、車椅子へ。

自己の能力限界を超え、全身全霊を注いで駆け抜けた結果なのだ、これは。

こんな選手、他にいない。

 勝負事にタラレバが禁句であることはわかっているけれど、途中の転倒でリズムを崩していなければ、給水失敗がなければ、せめてあと500mあれば、きっと…と思わずにいられない。

これで本当に、日本代表引退なのだろうか。もう、世界を相手に日本代表として戦う姿が見られないのか。

そう思うと、どうにもこうにも切なくなる。

今回、日本代表として結果を出すべく、精も根も尽き果てるほどのつらい思いをしただろう。こんな思いは、もう味わいたくないかもしれない。それはわかる。

しかし、あと3秒まで迫った悔しさを、リベンジしたいという思いに繋がってはくれまいか。

中継の途中、彼の弟たちのコメントとして「お兄ちゃんは、言うことがコロコロ変わる」と紹介されていたことが一縷の望み。

2年後のドーハ世界陸上、そして3年後に控える東京オリンピックでも、川内の姿を見たい。

きっとリベンジできる筈の、魂の走りを。

 

 

常識破りの川内優輝マラソンメソッド (SB新書)

常識破りの川内優輝マラソンメソッド (SB新書)

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ