餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ロンドン(マラソンに出られないけど…僕は僕なりの)人生はじめます。

スポンサーリンク

今。日本時間の4月22日夕刻。

遠きロンドンの地では、ちょうど、フルマラソンのスタートが切られたところだ。

春シーズンのWMM(ワールドマラソンメジャーズ)で、トリをつとめる、ロイヤルな「ロンドンマラソン」が遂に始まった。

今年は、僕のラン仲間も沢山出走しているので、今日は、Webでそのタイムを追いながら、応援していこうと思う。

ただ、個人的には、少しだけ切ない気分も残っている。

本当ならば、僕も、皆と同じスタートラインに立っている筈だったからだ。

ちょうど1ヶ月前…極めて個人的な事情により、僕は、このレースを断念した。

その当時の状況を考えれば、必然の決断だったと思うし、後悔はしていない。

その後、ショッキングな出来事が訪れ、未だに公私とも安定しているとは言えないため、その決断は正しかったと思う。

ただ、僕はこれまでロンドンに行ったことがなかったし、ロンドンと言う街にも憧れを抱いていたので、寂しい気持ちはどうしても残った。

だから、ちょうど昨日から公開されることになっていた、この映画を見に行くことにしたのだ。

f:id:ICHIZO:20180422171254j:plain

「ロンドン、人生はじめます」

まさに、今の僕にとって、タイムリーな映画だと思った。

とはいえ、僕は単純に、ロンドンが舞台だから、この映画を見に行こうと思ったわけではない。

この映画は、僕が以前見に行って感銘を受けた…

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」から、繋がっている作品だと思えたからだ。

実際は、その続編でも関連作でもないのだけれど、物語のテイストは非常に近いように感じた。

  • ニューヨーク同様、世界的な大都市であるロンドンが舞台
  • 主演女優がダイアン・キートン
  • 「家」が大きなテーマ

…と言う点で、姉妹作ではないかと思うほど。

「ニューヨーク…」で、モーガン・フリーマンとともに、見事な老夫婦役を演じきったダイアン・キートンは、今回、未亡人役。

ロンドン中心部の高級マンションで暮らし、一見セレブのような感じなのだけれど、実際は、夫亡きあと、さまざまな問題が発覚し、苦悩の日々が訪れる。

そんな状況の中、自然の中の手作り小屋で暮らす、ドナルドと出会い、惹かれていくが、このドナルドにも大きな問題が発生し…。

というようなドラマ。

物語は淡々と進んでいくが、とにかく、ダイアン・キートンの渋い演技がたまらない。

実年齢は70を超えているし、映画上の設定でも、かなりの年齢の筈なのだけれど、恋に落ちた女性の姿を見事に描いていて、素晴らしい。

そしてこれは、大人の恋の物語であると同時に、新しい人生探しの物語でもある。

その描き方も絶妙で、僕は大いに共感を感じながら見た。

ところどころに散りばめられる、ロンドンの情景も素敵で、本当に素晴らしい街だなぁ、と実感。

やっぱり、必ずいつかロンドンに行って僕も夢を叶えよう!と思った。

僕は、今年のロンドンマラソン断念後、大いに落ち込んでしまったけれど、それで人生が終わるわけじゃない。

ロンドンの街は、きっと、僕を待っていてくれる。だから、新しいマラソン人生に向けて、リスタートすればいいだけの話。

そんな風に思ったら、心が楽になったような気がした。

f:id:ICHIZO:20180422175211j:plain

前売りチケット半券と、特典の家計簿。

家計簿は、とってもコンパクトかつシンプルなので、書ける内容は限られている。

ということで、これは、ロンドンマラソンに向けての貯金記録専用に使おうと思っている。(今回のキャンセルで7万円が無駄になってしまったし…。)

f:id:ICHIZO:20180422175851j:plain

公開初日の鑑賞ということで、先着特典の「チップトリー ミニモレロチェリージャム 28g 」もゲット。

説明書きを読むと、英国王室御用達とも書いてあり、なかなかいいプレゼントだなぁとも思った。

僕は普段、あまりジャムを食べないのだけれど、ふと、ロンドン気分に浸りたくなった朝は、パンにでもつけて味わってみようと思う。

 

映画『ロンドン、人生はじめます』公式ホームページ


マラソン・ジョギング ブログランキングへ