餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

子役の瞳が素晴らしい!「LION/ライオン ~25年目のただいま~」

スポンサーリンク

ロードショー期間に、何とか間に合って鑑賞。

予告編などでは、Googleアースが大きくフォーカスされていたので、最新のテクノロジーが鍵を握る映画なのかと思っていたが、その予想は、意外な方向に裏切られた。

もちろん、Googleアースは重要なポイントとなるのだけれど、個人的には、この映画の最大の見せ場は、そこじゃないと感じたのだ。

f:id:ICHIZO:20170501053948j:plain

劇場ポスターでは、主人公の青年時代を演じるデヴ・パテルや、ニコール・キッドマンが目立つ。

しかし、この映画の真の主役は、ポスターのクレジットにも表記されていない、「無名の」子役、サニー・パワールだ。

もしも今年のアカデミー賞に、子役賞があったなら…。

そう思ってしまうほど、僕は、この子役の瞳、せつない演技に引き込まれた。

「ムーンライト」の子役も、かなり印象に残ったのだけれど、それが吹き飛んでしまうほど、この子役は最高だった。

前半30分。

ストーリーは、インドを舞台に展開される。主人公である「サルー」が、25年前に経験した、驚くべき出来事がこの映画の、大きな鍵となっている。

これ以上書くとネタバレになってしまうので控えるけれど、子供時代の「サルー」が、とにかく、何もかも素晴らしい。

最悪の状況に置かれた切なさを、全力で表現している。何という瞳の力。そして、何という強さ。

この強さがあったからこそ、「25年目のただいま」に繋がったのだろう、と実感させてくれる演技だ。

この映画が実話ベースだということに、あらためて衝撃。

エンドロールでは、「本物の」サルー、そして家族たちが、写真で登場する。

僕は、それを見ていたら胸が熱くなった。こんな凄い話が、本当にあったなんて…。

実に心温まる、いい映画だと思うし、子役の演技を見るだけでも価値はある。オススメ。 

f:id:ICHIZO:20170501040200j:plainもちろん、パンフレットも購入。

実話ベースの映画の場合は、その裏話なども満載なので、買っておく価値があるし、実際にとても読み応えがあった。

f:id:ICHIZO:20170501040309j:plain

子役のことばかり書いてしまったが、「オーストラリアでの」母役を演じるニコール・キッドマンの演技も素晴らしい。

流石はオスカー女優。感情を抑えた、しかし、名演で、子役時代と青年になったサルーを、どちらも見事に支えていた。

ルーニー・マーラは相変わらず綺麗だし、もちろん、デヴ・パテルも悪くない。

ただ、この映画の断然の主役は、間違いなく、サルーの子役、サニー・パワールだと思う。

 

 

25年目の「ただいま」

25年目の「ただいま」

  • 作者: サルー・ブライアリー,舩山むつみ
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ