餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

防水搭載!最大32GB!いいとこどりの「Kindle Paperwhite」無敵モデル

スポンサーリンク

いやはやこれは我慢できない。

 もちろん、即、予約。

「あの」Kindle Paperwhiteが、防水機能を備えたとなれば、我慢する理由がないからだ。

僕は、紙の本をこよなく愛しているし、紙にこだわる事情もあるが、「紙」と「水」が相容れない関係である以上、防水ガジェットは特別。

それに対してのこだわりは、1年前のエントリーで詳しく書いている。

防水機能を搭載している、「Kindle oasis」に、大きく心がぐらついたのだ。

この時は、3万円超となる価格の高さゆえ、最終的には断念したが、「いつかはKindle oasis」という夢は描き続けていた。

Kindle oasisは、他のKindleが割引セールを行っている時でも、頑なに定価販売となっていたが、先日、珍しく数千円引きのセールが行われていた。

そのとき、僕は大いに心が動いたのだけれど、購入しなくて、本当に良かった。

突然の割引セールには、やっぱりそれなりの理由があったのだ。

僕が現在持っているKindle Paperwhiteは、Kindleシリーズ第三世代で、2012年の今頃にゲット。

それから既に6年も経過している。

まだ実用的ではあるものの、ストレージがたった2GBしかないため、かなり前から容量がいっぱいになり、購入済の書籍を入れ替えながら利用。

Paperwhiteは、その後のモデルで4GBとなり、【マンガモデル】という32GB搭載の特別版も発売されたため、心は動いた。

だから、今回の発表は、僕にとって待ちに待った、いや、僕の期待を圧倒的に超えるもので、興奮が止まらない。

ストレージは8GBあり、僕の持っている第三世代の4倍。

それでも十分かと思ったが、ストレージ容量は、あとで増やしたりできないし、広告は邪魔なので、僕は、この形でカスタマイズ。

f:id:ICHIZO:20181017043716j:plain

Kindle Paperwhite 防水機能搭載、Wi-Fi 、32GB(Newモデル)

《広告なし》《32GB》の設定にグレードアップしても、2万円を切って、17,980円で済むのだ。実に素晴らしい。

現行Paperwhiteシリーズ最強である【マンガモデル】と同じ容量を備え、【oasis】の防水機能をも搭載。

しかも、従来機より薄く、軽くなっているというのだから申し分ない。

まさに、いいとこどりの無敵モデルではないか。

今から本当に楽しみだ。 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ