餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

足柄峠走第二幕。「希望の丘」から「誓いの丘」へ。

スポンサーリンク

荒川河川敷で、天体コラボレーションを堪能した翌朝。

僕は、またしてもここに佇んでいた。

f:id:ICHIZO:20190107215003j:plain

山北鉄道公園。

神奈川県、足柄峠の麓にある、僕の大好きな公園だ。

その看板となる蒸気機関車のD5270号は、筐体の正面に、しめ飾りがとりつけられており、正月らしい雰囲気を醸し出していた。

僕は、愛おしいSLに挨拶を告げた後、いつものように、坂を淡々と上り始めた。

足柄峠は、2018年の走り納めとして、1週間前に登ったばかり。

このときは、中腹の気温が0℃しかなく、とても寒かった。

が…。

f:id:ICHIZO:20190107220723j:plain

今回の気温は、8℃。

1週間前の、凍える寒さに比べると雲泥の差だ。

時折吹きつけてくる北風は厳しかったものの、走り続けていれば、それほど寒さも感じないので、峠走としては、絶好の気候と言っていい。

僕は、今日こそ、歩かずに上りきれるんじゃないかと思ったほどだ。(結局歩いてしまったけどw)

いつもの僕のゴール地点、足柄万葉公園の希望の丘からは、晴れていれば、絶好の富士山を眺めることができる。

最近の峠走では、天候に恵まれないことが多かったため、僕は、今日こそチャンスと思い、祈りながら登り続けた。

そして。

f:id:ICHIZO:20190107222034j:plain

希望の丘に到達!

さぁ、ここから、今日こそ絶好の富士山が眺められる!…と、思ったのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20190107231450j:plain

残念ながら、雲がかかってしまっていた。

裾野がはっきり見える分、昨年末よりはマシなのだけれど、それでも、やっぱりちょっと残念だ。

僕は、悔しい思いを抱きながら、でも、すぐに気を取り直した。

いつもならば、ここで下って終わり、というところなのだけれど、この日の峠走は、まだ先に目標があったからである。

f:id:ICHIZO:20190107232019j:plain

希望の丘から数百メートル先に進むと、そこは、もう静岡県になる。

f:id:ICHIZO:20190107232156j:plain

足柄峠を示す標。

周辺に、トイレや自販機が設置されていることもあり、僕は、この地点までは何度か来たことがあった。

この標から先は、ただ下るだけなので、進んでも意味がないと思っていたため、僕は、これまで全く足を伸ばしたことがなかった。

しかし。それは大きな間違いだった。

もちろん、下っていくことは確かなのだけれど、その途中で、実に魅惑的な場所があることを知ったからだ。

それは、「誓いの丘」と呼ばれる富士山ビューポイント。

僕のラン仲間たちは、峠走に絡めて、その場所を訪れ、絶景の富士山を堪能していた。

しかも、そこには、足柄峠から数キロ程度で行けると言う。

僕は、もう7年以上峠を走り続けているというのに、そんな場所があることを全く知らなかった。あまりに不覚だ。不覚すぎる。

幸い、この日の僕には、まだ余力も時間も残っていたため、僕は、そこに向かってみることにした。

「希望の丘」経由で「誓いの丘」へ。

なんだかロマンチックで格好いいじゃないか。

もしかすると、数キロ走っているうちに、雲が動いて、絶景の富士山が見えるかもしれない。いや、きっと見えるに違いない!

僕は、そんな思いを抱きながら、未知なる場所に向かって走り始めた。

f:id:ICHIZO:20190109035147j:plain

少し進むと、足柄城址の石碑と案内板があり、そこから、道なりで右へ。

f:id:ICHIZO:20190109035346j:plain

ここからは、金太郎富士見ラインに沿って走って行く。

Googleマップの案内によると、足柄城址から誓いの丘は、たった2km程度だったのだけれど、足柄峠を12km登りきったあとだったため、結構きつかった。

なかなかそれらしい雰囲気の場所に辿り着けず、不安になった頃…。

f:id:ICHIZO:20190109040155j:plainこんな看板を見つけた!

僕は、マラソン大会で「給水所まであと500m」の看板を見かけた時のように元気が復活して、ダッシュw

すると…。

f:id:ICHIZO:20190109041606j:plain

誓いの丘に到着!

案内板には、「富士山とその周辺の眺望がとてもすばらしい景勝地です。」と書かれており、勢い、心が躍る。

しかし、そこから見える富士山は…。

f:id:ICHIZO:20190109041810j:plain

やっぱり雲がかかってしまっていた。

空全体に、雲は殆どないのに、富士山のてっぺんあたりにだけ、ドカッと居座っている。何とも恨めしい雲だ。

しかし、今更それを言っても仕方がない。

富士山の全体が見渡せるだけ、ラッキーだったと思うことにした。

f:id:ICHIZO:20190109043049j:plain

誓いの丘には、《誓いの鐘》も設置されていた。

おぉ、なんだか凄くロマンチックだぞ。

僕は、鐘越しの富士山を眺めながら、それを鳴らし、そして、自分に誓いを立てた。

詳しくは書かないが、今、僕は、大きな決断をしなければいけないことがある。それを、悔いなく果たしていくための、誓いだ。

雄大な景色の中、響く鐘の音。なんだか心が洗われる。

僕は、「あぁ、ここまで走ってきて良かったなぁ。」という思いで満たされた。

誓いの丘には、誓いの鐘の他に…。

f:id:ICHIZO:20190109043953j:plain

ハート型のモニュメントもあった。

f:id:ICHIZO:20190109044029j:plain

そこには、なぜかこのように、鍵が沢山繋がれていた。

これはいったいどういう意味なのだろう?

と、そのときはよくわからなかったのだけれど、帰宅してから調べてみると、理由がわかった。

富士山眺望日本一を誇るこの地『誓いの丘』に設置されている誓いのモニュメントに鍵をかけ、誓いの鐘を鳴らすと幸せが訪れると言われています。

誓いの丘/ハローナビしずおか 静岡県観光情報

なんと、そういうことだったのか。

僕も幸せが欲しいので、今度は鍵を持ってここを再訪することにしようw

誓いの丘は、ちょっとした公園のようになっており、他にも色々なものが設置されていた。

f:id:ICHIZO:20190105091151j:plain

f:id:ICHIZO:20190109044629j:plain

f:id:ICHIZO:20190109044553j:plain

僕は、それらを堪能した後、足柄峠への道程に戻った。

峠から誓いの丘までは、下り基調だったため、当然帰りは上りになる。

僕は「また上らなきゃいけないのか…」と、ちょっと憂鬱になりながら、でも、頑張って走った。

足柄峠以降は、いつものように坂を駆け下りていくだけなので、気分が楽になり…。

f:id:ICHIZO:20190109045242j:plain

結果、30km走を敢行!

今回は、誓いの丘でかなり時間を使ってしまったし、たいしたスピードも出せなかったけれど、何とか走り切れて、よかった。

f:id:ICHIZO:20190109045423j:plain

高度推移。

山頂に辿り着いたあと、いったん下り、また登っているところが、いつもの峠走と異なる。

距離が長くなって結構きつかったが、でも、新鮮に楽しめた。いわば、僕にとっての足柄峠走、第二幕だ。

今度は、是非、誓いの丘で絶景の富士山が見たい。

快晴の日、鍵を持ってまた出かけようw

エレコム 南京錠 幅25×奥行11×高さ51mm 真鍮 鍵2本付 ESL-NK

エレコム 南京錠 幅25×奥行11×高さ51mm 真鍮 鍵2本付 ESL-NK

 
あの鐘を鳴らすのはあなた

あの鐘を鳴らすのはあなた

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ