餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「GYOZA BAR」IN SAPPORO

スポンサーリンク

時は、北海道マラソン当日に遡る。

レース後、僕は、「チームはてブロ」の青空宴会に参加させていただいた。

気がつけば、4時間もの間、飲んで、食べて、夢のような時間を過ごした。

僕にしてはかなり飲み過ぎたので、お腹は少し苦しかった。

いったんホテルに帰ると、突然睡魔に襲われて、一瞬眠りに落ちてしまったほど。

夢見心地の中、つらつらとスマホを眺めていたら、ラン仲間からの連絡が入っていて、僕は慌ててホテルを出た。

まずい、遅刻だ。

僕が向かったのは、ホテルからはそう遠くない場所だったのだけれど、走れない。

北海道マラソンのダメージは、想像以上に大きかったのである。

しかし、何とか、到着。

この日、僕が辿りついたのは…。

f:id:ICHIZO:20180904043600j:plain

ここだった。

f:id:ICHIZO:20180904043628j:plain

その名は、「GYOZA BAR」。

流石BARというだけあって、店頭にあるキャッチコピーがお洒落だった。

エレガントな空間で味わう、様々なテイストの「餃子」と「お酒」

エレガントな空間…。

僕は、雑で冴えないオッサンだから、基本的にそういう空間は避けて生きているが、餃子となれば話は別。

そっちが「GYOZA BAR」なら、僕は「GYOZA RUNNER」なのだ!

と、わけのわからないことを考えつつ、入店。

僕は、待ち合わせ時間にかなり遅れてしまったのだけれど、優しいラン仲間たちは、餃子も注文せず、暖かく迎え入れてくれた。嬉しい。

ということで、まずは…。

f:id:ICHIZO:20180904043703j:plain

乾杯!

いやぁ、このビールが本当に美味しかった。

僕は、青空宴会で、飽きるほど飲んだ筈なのに、身体の中に染み渡った。

思えば、レース前は1週間以上禁酒していたので、その反動が出たのだろう。身体がビールを渇望しているのだ。

ほどなく僕らは、満を持してGYOZAを注文することにした。

f:id:ICHIZO:20180904043718j:plain

この日、僕らは皆、レース後、それぞれの宴でお腹いっぱいとなっていたため、少し迷った。

揚げ餃子系のアレンジ餃子は、少し重たそうな気がしたので、オーソドックスに水餃子から注文。

ニンニク・ニラの「有・無」が選べたので、もちろん「有」を選択。

皆、レース後で身体がとても疲れている。それを癒やすには、ニンニクパワーが必要だったからだ。

そして。

f:id:ICHIZO:20180904043741j:plain

水餃子が来た!

f:id:ICHIZO:20180904043807j:plain

iPhone SEと比較してみる。餃子としては、ごくオーソドックスなサイズではないかと思う。

f:id:ICHIZO:20180904043820j:plain

 囓ってみた。

ニンニクのインパクトが強烈。まさに、疲れた身体に染み渡っていくのを感じた。

野菜のザクザク感が心地よく、薄皮なので、いくらでも食べられそうな餃子だった。

続いて…。

f:id:ICHIZO:20180904043839j:plain

焼餃子登場!

なぜか、もやしの和え物が添えられていた。不思議なビジュアルだ。

f:id:ICHIZO:20180904043856j:plain

焼き色が美しい。

ちょっと焦げ目もあったけれど、これぐらいしっかり焼いてくれた方が僕の好みだ。

実際、この焼餃子は、皮のカリカリ感が絶妙で、とても美味しかった。 

f:id:ICHIZO:20180904043920j:plain

具は、水餃子と同じものだと思う。

だからこちらも、ニンニクがガッツリ効いていた。いやはや、これはビールが進む。

水餃子、焼餃子、と来れば、次は揚餃子…という流れだったが、僕らは流石にお腹がいっぱいになってきていたので、アレンジメニューの揚げ物には、少し躊躇した。

そんな時、期間限定と思われる、この料理が目に留まった。

f:id:ICHIZO:20180826203929j:plain

その名は、「おばけメニュー」

いったい何だろうと思いながらよく眺めてみると、下の方に料理名が書かれていた。その名は…。

f:id:ICHIZO:20180904044027j:plain

呪いのイカスミ水餃子

あまり美味しそうには見えなかったが、水餃子ベースなら軽く食べられそう…ということで、注文。

f:id:ICHIZO:20180904044001j:plain

来た!

なんだかちょっとグロテスクで、インスタ映えとは程遠い*1ものが出てきた。

店員の話によると、この中に、水餃子が8個ぐらい埋まっているとのこと。

f:id:ICHIZO:20180904044105j:plain

発掘!

うん、確かにこれは水餃子だ。

しかし、イカスミをまとったことで、不思議な味わいに変わっていた。個人的には、オーソドックスな水餃子の方が好ましかった。

そもそも、何が呪いなんだかよくわからなかったが、まぁ、でも、不味いわけではなかったし、ブログのネタにもなったので、報われた気がする。

僕らは、さまざまな餃子を食べながら、北海道マラソンの余韻に浸った。

店内は、エレガントを謳うだけあって、とても落ち着いた雰囲気で、僕らは、気持ちよく餃子を堪能することができた。

青空宴会…そしてGYOZA。

レースもアフターも、思いっきり楽しめて、僕は大いに幸せだった。

やっぱり北海道マラソンは最高だ。

Gyoza: The Ultimate Dumpling Cookbook: 50 Recipes from Tokyo's Gyoza King --Pot Stickers, Dumplings, Spring Rolls and More!

Gyoza: The Ultimate Dumpling Cookbook: 50 Recipes from Tokyo's Gyoza King --Pot Stickers, Dumplings, Spring Rolls and More!

 

*1:僕は、インスタグラムはやっていないけれど、まぁ、雰囲気として。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ