餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

便利で楽しい!「DIME 3WAY USB CHARGE SPINNER」

スポンサーリンク

久しぶりに、「DIME」を買った。

f:id:ICHIZO:20180518042858j:plain

DIME(ダイム) 2018年 07 月号 [雑誌]

トレンド系、モノ系マガジンの元祖とも言える存在で、以前は定期購読していたこともあった雑誌だ。

最近はすっかりご無沙汰してしまっていたが、今回は、セブンイレブンの雑誌コーナーで見かけて、なんだか、ビビッときてしまったので、衝動買い。

モバイルガジェット好きにとっては、とても面白そうな付録がついていたからである。

それは、表紙にもデカデカと写真がついている…。

f:id:ICHIZO:20180518043147j:plain

これ。DIME 3WAY USB CHARGE SPINNERだ。

「ハンドスピナーと充電用ケーブルが合体した進化形ガジェット!」と謳われており、業界初の商品らしい。

なんだかとても魅力的ではないか。

ただ、恥ずかしながら僕は、「ハンドスピナー」というものがよくわからなかったので、アレクサに聞いてみたw

f:id:ICHIZO:20180518044047j:plain

アレクサ曰く…。

「ストレス解消等が目的のアメリカ生まれの手慰み玩具」とのこと。

手慰みという言葉には、なんだかいやらしいイメージも感じてしまう(僕だけ?)のだけれど、アレクサの機械音で言われると冷静に受け止められた。

そもそも、この「ハンドスピナー」は、手慰み玩具として去年大ブームになった商品だったようだ。

主に、若者の間で流行したらしいので、僕のような昭和世代のオッサンが知らなくても無理はない。

今は、ブームは下火のようなのだけれど、そういったグッズに、充電ケーブルを埋め込んで、オッサン向けに進化させたのが、DIMEならではの工夫だ。

f:id:ICHIZO:20180518045110j:plain

箱から取り出してみたところ。

本体色は渋いブラックで、中央にDIMEのロゴが入っている。これならば、オッサンが持っていても、あまり違和感はない気がする。

f:id:ICHIZO:20180518045753j:plain

ひっくり返すと、3つのケーブルが埋め込まれている。

「USB」「Micro USB」「USB Type-C」で、iOS用のライトニングケーブルはついていない。

どうやら、このガジェットのターゲットはAndroidユーザーのようだ。

僕は、それを少し残念に感じたが、すぐに気を取り直した。

僕は、iPhone/iPadユーザーであるとともに、Android端末も常用しているからだ。

メイン端末のひとつである、BlackBerry KEYoneは、USB Type-C。それと繋いでいるモバイルルータは、Micro USB規格を採用しているため…。

f:id:ICHIZO:20180518050431j:plain

このような形で充電が可能。

説明書きには、「2台同時での充電はできない」と書いてあったが、とりあえず、僕の場合は問題なかった。

ケーブルは充電専用で、PCなどからのデータ移行はできないし、急速充電にも非対応。

充電ケーブルの機能だけが必要ならば、今や、100均ショップでも簡単に手に入るから、それほどインパクトは感じない。

しかし、これは、僕にとって、大いに魅力的な商品だった。

f:id:ICHIZO:20180518051416j:plain

 回すのが、楽しい!

いやぁ、想像以上の楽しさだった。

学生の頃、退屈な講義を聞きながら、指を使ってボールペンをくるくる回していた、あのイメージが甦る。

僕は不器用なので、ボールペンがうまく回せず、たまに落としてしまったのだけれど、ハンドスピナーは、勝手に回ってくれるので、そんな心配はない。

まさにこれは、素敵な手慰み玩具でないか。学生の間で流行したというのも頷ける。

ハンドスピナーも、100均ショップで入手できるとは思うけれど、それと充電ケーブルを組み合わせて、実用的に仕上げたのが、まさにDIME流。

だからこそ、僕のようなオッサンの心にも響くグッズになったのだ。

指でこれをくるくる回すのは、思った以上に楽しいし、ちょっとしたストレス解消や暇つぶしにもなる。

充電ケーブルとして使えるのも便利だから、モバイルガジェットとともに携行することにしたい。

DIME(ダイム) 2018年 07 月号 [雑誌]

DIME(ダイム) 2018年 07 月号 [雑誌]

 

マラソン・ジョギング ブログランキングへ