餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

大連餃子基地@横浜モアーズ店でスタミナを補給!

スポンサーリンク

ぐったりと疲れた時には、餃子に限る。

僕は、みなとみらいランの後半から、そう心に決めていたが、どこに行くかは、結構悩ましいところだった。

中華街には何軒か行きたい店があったのだけれど、 連休中で大混雑は必至。行列に並ぶのも嫌だった。

野毛あたりで新規店開拓も考えたが、探す気力がなかったし、外れた時のダメージが大きいので、それも避けたかった。

ということで…。

自宅へ帰る途中、横浜駅に寄って、ここで食べることにした。

f:id:ICHIZO:20170718034053j:plain

大連餃子基地@横浜モアーズ店だ。

この店の中華街店は、いつも混み合っているので、僕は、穴場(?)のこちらを選択。

案の定、この日も行列は全くなく、スムーズに入店できた。

f:id:ICHIZO:20170718034200j:plain

店の一押しは、豪華なホリデーランチセット。

だが、このセットには、なんと餃子がついておらず(大連「餃子」基地なのに!)僕の選択肢としてはあり得なかった。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20170718034134j:plain

もちろん、この「大連餃子セット」を注文した。

ランチで食べるのは初めてだったが、680円の焼餃子に、サラダ、ご飯、スープ、漬け物がついて960円なら悪くない。

+100円でライスをミニチャーハンにも変更できるようだったが、僕は、「白いご飯に餃子オン」のパターンが好きなので、デフォルトで注文。

待つこと10分程度…。

f:id:ICHIZO:20170718034239j:plain

 大連餃子セットが来た!

f:id:ICHIZO:20170718034111j:plain

ここの焼餃子の羽根は、「網目チック」なのが売りなのだけれど、今回は結構くっついてしまっていて、ビジュアル的にはちょっと残念w

ただ、まぁ、僕は餃子の羽根にそれほどこだわっているわけじゃないし、むしろ「なくても全く困らない」派なので、実際は問題なかった。f:id:ICHIZO:20170718034332j:plain

一口囓ると、たっぷりの肉汁が溢れ出す。

肉の風味がたっぷり詰まった、実にジューシーな餃子だ。餃子本体にニンニクは入っていないけれど…。

f:id:ICHIZO:20170718034312j:plain

テーブル上には、黒酢ニンニクが用意されていて、これがとっても良い!

今回は写真を撮り損なってしまったが、ザクザクの刻みニンニクで、これをたっぷりつけて食べたら、疲れた身体に元気が漲ってきた。

一通り食べ終わると…。

f:id:ICHIZO:20170718053827j:plain

杏仁豆腐が出てきた。

これは、セットのメニューには載っていなかったので、ちょっとサプライズで、嬉しかった。

優しく甘いミルクの風味。柔らかくて美味しく、僕は、さらに身体が癒やされるのを感じた。

横浜駅直結のビルという立地で、雰囲気も良くて、960円でこのランチが食べられるなら、大いに満足だ。

【おまけ】

横浜駅のジョイナス地下街には、「まん天餃子」という店もあって、餃子の値段で言うなら、この店の方が断然安かった。

f:id:ICHIZO:20170718034526j:plain

 通常でも、5個で230円というリーズナブルな価格な上に…。

f:id:ICHIZO:20170718034542j:plain

連休中は、5個で180円!というセールを行っていて、最高に得だった。

f:id:ICHIZO:20170718034555j:plain

僕は、土曜の夜に持ち帰りで買って食べた。

この店の餃子を食べるのは、5年前の餃子マラニック以来。

餃子本体は野菜中心だけれど、ニンニクがガッツリきいていて、大連餃子基地とは真逆な感じだが、これはこれで悪くない。

店内は狭くて落ち着かない感じだし、行列になっていることも多いので、この店はテイクアウト向き。

なので、今度は冷凍餃子を買って帰ることにしようかと思う。 

うまい餃子

うまい餃子

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ