餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

老四川@シカゴで味わった、いのちの「雲呑湯」

スポンサーリンク

極寒のシカゴ川クルーズを終えた僕は、まさに這々の体だった。

防寒着を持たずに乗船してしまったため、冷たい風と雨にやられて、凍えまくっていたのだ。

寒い。寒すぎる。体じゅうが震えていた。

ホテルまでの道程は、そんなに遠くなく、クルーズに向かった時は、10分もかからなかった、筈。

しかし、この時は、その道程が果てしなく遠く思えた。

短距離過ぎてもったいないけれど、タクシーにでも乗るか、と考え始めた矢先…ビルの入口越しに、派手な赤い看板が目に留まった。

f:id:ICHIZO:20181016043259j:plainその名は、「老四川」。

僕は、ビビッときた。

この店に入れば、きっと身体が暖まる、美味しい料理が食べられる筈、と思ったのだ。

高級中華料理店という趣を醸し出していたので、一瞬ためらったけれど、凍える身体が、僕の背中を押した。

店舗への専用エレベーターに乗って、4Fに上がると…。

f:id:ICHIZO:20181016043502j:plain

店内はとても広く、カジュアルな雰囲気だった。

その情景を見る限り、店舗入口で感じたほどの高級感はなく、庶民的な中華料理店に見える。

僕は、ちょっとほっとしながら店員に声をかけると、すぐに席まで案内してもらえた。ラッキーだ。

f:id:ICHIZO:20181016043527j:plain

座席に置かれていたメニュー。

それは紙製の簡易なもので、高級感とは程遠かった。メニューの裏面には、沢山の住所が書かれている。

どうやら、シカゴでは有名なチェーン店のようだったので、僕は大いに胸をなで下ろした。

これならば、リーズナブルに、気楽に料理が選べるからだ。

f:id:ICHIZO:20181016043554j:plain

メニューを開くと、まず、北京ダックが登場。

流石にこれはちょっと高級そうだ。でも、それでもそんなに高くない。

これならば安心と思いながら、メニューを眺めて…。

f:id:ICHIZO:20181016043616j:plain

湯類。スープを発見!

それは、体じゅう冷え切った僕が、最も求めていたものだった。さまざまな種類が並んでいたけれど、一番高くても、$8.95。お得だ。

数あるスープの中で、僕が選んだのは、「雲呑湯」。

これは、実に安くて$2.95。

シカゴのど真ん中にある店なのに、こんな価格でワンタンスープが味わえるなんて!迷う理由がなかった。即、注文。

待つこと5分程度…。

f:id:ICHIZO:20181016043634j:plain

雲呑湯が来た!

小さい器で、ボリューム的にちょっと物足りない感じだったが、$2.95という低価格だし、文句はなかった。

足りなければ、もうひとつ注文すれば良いのだ。 

f:id:ICHIZO:20181016043653j:plain

器は小さいものの、その中には、ずっしりとした重量感のあるワンタンが3個も入っている。

僕は、ひとまず、身体に暖かいスープを流し込み(あぁ、この瞬間が本当に幸せだった!)そして、ワンタンを囓った。

f:id:ICHIZO:20181016043708j:plain

あぁ、美味しい。美味しいなぁ。僕は、その優しい味に酔いしれた。

湯気に曇ったレンズが、この料理の温もりを示している。

あぁ、この店を見つけることができて良かった。身体が温まって良かった。心からそう思った。

いのちのワンタンスープで生き返った僕は、再びメニューに目を向けた。

身体はもう大丈夫。食欲は十分ある。ならば、僕の選択は決まっていた。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ