餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

lt was very cold!CHICAGO Architecture Tour

スポンサーリンク

シカゴマラソン前日。

早朝の5Kが終わった後、僕は、少し迷っていた。

この日は、もともと脚をあまり使わないつもりだったため、僕はノープランだったのだ。

しかし、5Kで一緒に走ったラン仲間が、「シカゴ川のクルーズツアーが良かったですよ」と言っていたのを思い出し、街に繰り出してみることにした。

その時点では、雨も止んでいたし、清々しい天気になっていた。

クルーズツアーなら、自分では歩き回らずに、シカゴ観光できるため、この時は、悪くない計画だと思った。この時は。

ということで、僕は、軽装のまま、いざ、シカゴの街に繰り出す。

f:id:ICHIZO:20181015052102j:plain

クルーズツアーは、シカゴ川沿いの、アップルストア店舗前から出ていると聞いたため、Googleマップで、アップルストアを目指すと、すぐにチケット販売所が見つかった。

早速、チケットを購入。大人1名の価格は、$41だった。

チケット売場の係員に、乗船場はアップルストアビルの階下にあると聞いたので、ストアの中に入ってみる。

f:id:ICHIZO:20181015052149j:plain

川に面した傾斜を使って2階建になっている、独特な建築デザインのアップルストア。

こういったところが、なんだか、シカゴっぽくて、素敵だ。

f:id:ICHIZO:20181015052245j:plain

2階から見下ろした風景。

f:id:ICHIZO:20181015052308j:plain

1階から見上げた風景。

ゆったりとした休憩スペースがたくさんあるのが、大きな特徴。

このあたりは、日本のアップルストアとちょっと雰囲気が違うようだ。

f:id:ICHIZO:20181015052327j:plain

しかし、やっぱりアップルストアはアップルストア。

展示されているiPhoneやApple Watchなどを触っていると、心地よい雰囲気に酔いしれる。

と。

ここで酔っている場合じゃない。船の出発時間が迫っているではないか。乗り場に急がなければ。

f:id:ICHIZO:20181015052342j:plain

僕が乗る船は到着しており、すでに乗船が始まっていた。

f:id:ICHIZO:20181015052407j:plain

僕が乗り込むと、ほどなく、ガイドの人による説明が始まった。

気がつけば、船は、いつの間にか満員。このツアーは、ほぼ30分おきに行われているのに満員なのだから、かなり人気があるようだ。

f:id:ICHIZO:20181015052437j:plain

トランプタワーの脇をすり抜け、船は、摩天楼の中を繰り出していく。

まさに絶景…と言いたいところなのだけれど、あいにく、この日は天候に恵まれなかった。

f:id:ICHIZO:20181015052455j:plain

コーン(トウモロコシ)タワーとして有名な、ツインビル。

f:id:ICHIZO:20181015052529j:plain

下の方は駐車場になっていて、その情景を見るのも面白い。

ガイドのお兄さんの説明も熱が入っていた。

その後も、船は、シカゴ川を行ったり来たりしながら、周りのビルを通過していく。

ここから先も、さまざまな、独特のシカゴ建築様式のビルを巡ったのだけれど、それがいったい、何のビルかについてはよくわからなかった。

ガイドのお兄さんは、ひとつひとつ丁寧に説明してくれていた(と思う)のだけれど、いかんせん、僕の前には、英語の壁が立ちはだかったからである。

いつか、こういった説明を、しっかり理解できるようになりたいなぁ…と思った。

ということで、ここから先は、僕のコメントを少なめにして、写真でお茶を濁すことにさせていただく。

僕がダラダラと駄文を並べるよりも、百聞は一見に如かず、だw

f:id:ICHIZO:20181015052547j:plain

橋の下も次々と通過する。

f:id:ICHIZO:20181015052616j:plain

この辺りも、きっと有名なビルなんだろうなぁと思う。

f:id:ICHIZO:20181015052651j:plain

f:id:ICHIZO:20181015052708j:plain

ビルの上空にかかる雲が、どうにもこうにも恨めしい。

f:id:ICHIZO:20181015052728j:plain

橋桁が上がっているところもあった。

f:id:ICHIZO:20181015052753j:plain

カメラを縦に構えても、まだ捉えきれない高さ。

f:id:ICHIZO:20181015052816j:plain

このような形の斜め窓も珍しいと、ガイドの兄さんは言っていた(気がする。)

f:id:ICHIZO:20181015052841j:plain

シビックオペラハウス。(壁に名前が書いてあるから、これは僕でもわかったw)

f:id:ICHIZO:20181015052911j:plain

窓がカーブしている。ちょっと珍しい形のビルだ。

f:id:ICHIZO:20181015053019j:plain

この形も面白い。

f:id:ICHIZO:20181015053039j:plain

船がこのあたりを通っている頃…ポツリ、ポツリと小雨が降り出してきた。

f:id:ICHIZO:20181015053106j:plain

折角の摩天楼なのに、上空に雨雲がかかってしまって、非常に残念な情景。

それだけならばまだいいが、雨が降ってきたことで、急に体が冷えてきた。

周りに乗っていた人たちは、皆、バッグの中から上着を取り出して着込んでいる。

僕は…と言えば、Tシャツ一枚の軽装でホテルを出てきてしまい、羽織るものひとつ持ってきていなかった。

ただでさえ、川の上は地上よりも寒いというのに、バカだ…バカすぎる。

僕は、自分の愚かさを呪った。

雨は、小ぶりとは言え、僕の身体をどんどん冷やした。大事なマラソン前日だと言うのに、こんなことで風邪を引いたら笑い者だ。

僕は、せめてもの抵抗で、下の階に逃げ込んだ。

f:id:ICHIZO:20181015053130j:plain

雨が凌げるぶん、船の上よりはマシだったが、それでも、かなり寒い。

この船には、窓がついていないため、下の階でも冷たい風が容赦なく吹きつけてくるからだ。

周りの欧米人(というか、地元の方々^^;)も、寒さに震えて叫ぶまくっていたぐらいなので、相当にきつかった。

しかし、船の上なので逃げ場がなく、僕はひたすら耐えるしかなかった。

寒さに震えながら、心の中で独白。

「あぁ、今日は、シカゴのクールな摩天楼を、船の上から堪能するつもりだったのになぁ…。これじゃ、クールを通り越して、コールドだ。」

そんなこんなで、我慢すること30分。

f:id:ICHIZO:20181015053217j:plain

なんとか、船は、スタート地点近くまで戻ってきた。

f:id:ICHIZO:20181015053235j:plain

発着所近くでは、川に向かって放水が行われていることに驚愕。

なんでこんな寒い雨の日に、放水なんかしているのだろう。まさか、あの下をくぐっていくのか?やめてくれ!

僕は、心の中で悲鳴を上げそうになったが、僕らの船が近づくと、放水は止まって、ちょっとホッとした。

が…水を浴びなくても、僕の身体は十分に冷え切っていて、本当につらかった。

なんとか発着所に辿り着き、船から降りた後も、身体の震えが止まらない。

ここからホテルまでは、徒歩で10分ぐらい。

しかし、その時の僕には、それが果てしない距離のように思えた。

この状態でホテルまで辿り着けるだろうか…。

そんなことを思いながら這々の体で歩いていた時、とある看板が、僕の目に留まった。

(以下、続くw)

A View from the River: The Chicago Architecture Foundation River Cruise Aboard Chicago's First Lady Cruises

A View from the River: The Chicago Architecture Foundation River Cruise Aboard Chicago's First Lady Cruises

 
レゴ(LEGO) アーキテクチャー シカゴ 21033

レゴ(LEGO) アーキテクチャー シカゴ 21033

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ