餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ベルリンから、メモリアルアイテムが届いた!

スポンサーリンク

それは、郵便受けにさりげなく投げ込まれていた。

f:id:ICHIZO:20171216150654j:plain

封筒は、かなり傷みが激しく、ところどころが補修されている状態。

f:id:ICHIZO:20171216150727j:plain

どうやら、郵便局にて補修してくれたようで、表面には、こんな断り書きのシールが貼付されていた。

しかし、僕は、全く気にならなかった。

内容物まで傷んでいる感じではなかったし、差出人名のドイツ語表記を見た途端、遂に「アレ」が届いたんだ!という喜びの方が大きかったからだ。

僕は、少し前からその到着を待ち侘びていたため、海を超えてきてくれた贈り物に、感謝の気持ちでいっぱいだった。

開封。

はたして、その内容物は、予想通りだった。

f:id:ICHIZO:20171216152126j:plain

ベルリンマラソン2017の記念冊子と…。

f:id:ICHIZO:20171216153146j:plain

公式記録証だった。

タイム的には…だけれど、今の僕には、これで精一杯。

でも、記録なんかどうでもいいのだ。僕にとっては、今年、ベルリンの街を走れた記憶の方が断然重要。

f:id:ICHIZO:20171216155228j:plain

小冊子には、そんな楽しい記憶が甦ってくる素晴らしい写真が満載だった。

僕は、それを眺めて、心に誓った。

いつかまた、必ずベルリンマラソンに出場しよう。そして、その時は、気持ちいい記録が残せるように走り抜こう、と。

f:id:ICHIZO:20171216155345j:plain

 

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ