餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

国内版「BlackBerry KEYone」Amazonで予約受付中!

スポンサーリンク

今朝のエントリーで。

僕は、BlackBerry KEYoneのWeb予約分が1時間で完売してしまったと書いた。

が、今日、帰宅後、amazonをつらつらと眺めていたら、正規代理店品として予約が開始されており、まだ、普通に受け付けていることがわかったからだ。

もしかすると、今朝は、僕が見逃していただけで、既に予約開始されていたのかもしれない。

f:id:ICHIZO:20170623203840j:plain

【日本正規代理店品】BlackBerry KEYone Black/Silver 32GB Android SIMフリー スマートフォン QWERTY キーボード PRD-63763-001

しかも…。

FOX公式(?)Webサイトより1,523円も安い!

純正ケースや保護シートなどの予約特典はつかないが、逆に言えば、そういった特典は必要ない(或いは、別途自分好みのものを用意する)ということであれば、こちらの方が得だったんじゃないかと思える。

公式Webサイトでは、U-mobile SIMの登録事務手数料(3,000円)無料という予約特典もついていたが…。

amazonでは、MVNO各社とのSIMセットモデルの予約も受けつけていた。

 IIJmio SIMカードウェルカムパックセット

LINEモバイル 音声通話SIMエントリーパッケージセット

OCN モバイル ONE 音声通話+LTEデータ通信SIMセット

 こういったセットであっても、公式Webサイトのものより1,000円安くなるので、「ケースやシートは不要。でも、SIMは欲しい」という人にとっても、amazon版の方が得だ。

 Twitterでは、ビックカメラでも予約を受け付けているという情報をいただいた。店頭受け取りできるのは便利だし、ポイントが使えるというメリットもある。

僕は、BlackBerry KEYoneが、意外にも(?)爆発的人気なのかと思って、今朝のエントリーを書いたが、どうにもそうではないようだ。

ただ、この端末が気軽に入手できそうというのは嬉しいし、ビックカメラで予約販売されるということは、発売後、実機を確かめることもできると思う。

この端末の国内版発売をきっかけに、またBlackBerryの素晴らしさが、再認識されるようになると嬉しい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ