餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

スマホ黎明期の最強ケース、復活。ANIARAは健在なり!!

スポンサーリンク

先週。

徒然に、押し入れで眠っていたモバイルボックスを整理していたら、とても懐かしいモバイルケースが出てきた。

ANIARAだ。

f:id:ICHIZO:20180118041201j:plain

いやぁ、懐かしい。

本当に、心から懐かしいなぁと思ってしまった。

僕が、このケースを購入したのは、今から12年も前のことだったからだ。 

当時、僕は、スマートフォンの先駆けであるW-ZERO3に夢中だった。

このANIARAケースは、「W-ZERO3が、純正ケースのようにぴったり収まる!」として、ユーザー間で話題になっていた。

ということで…。

もちろん、早々にゲット。

あまりのフィットぶりに、しばらくはメロメロだったことを思い出す。

その後、W-ZERO3をステップに、僕はさまざまなスマートフォンを入手するようになったが、どんな時も、ANIARAは一緒だった。

とにかく、抜群の収納力と堅牢性を持っていたので、どんなタイプのスマートフォンでも、きっちりと調和してくれたからだ。

ANIARAに出会って2年半後には、こんなエントリーも書いている。

その頃、ANIARAは3個に増殖していたが、それぞれに、Universalというスマートフォンを入れて(Uniは4台持っていたので、もう一つ買いたいと思っていたほどw)楽しく使っていた。

f:id:ICHIZO:20180118041245j:plain

背面。ANIARAの文字が眩しい。

何しろ12年の月日が経っているため、相当に年季が入っているが、実用的には、何の問題もないように見えた。

僕は、この懐かしいケースを眺めながら、ふと、あることを思った。

今こそ、このケースが再活用できるのでないか?ということだった。 

f:id:ICHIZO:20180118041219j:plain

現状、僕のメインガジェットは3つ。

iPhone SE、BlackBerry KEYone、モバイルルータで、それを2つのケースに入れて持ち歩いている。

この運用がぴったり快適で、何の問題もない。

…筈だったが、最近、ちょっとだけ悩ましいことがあった。

早朝、バタバタと家を出た時など、「ケースだけ腰に装着して、中身を入れ忘れている」ということがあったのだ。

通勤途中や、会社に着いた後、ケースを開けてみて、呆然としたことを思い出す。

僕は、ズボラで慌て者ゆえに、きっちりと段取りよく準備をする、ということがそれほど得意ではない。

そんな性分だから、早朝の忙しい時間に、「ズボンのベルトに2つのケースをとりつけて、そのそれぞれにスマホを入れて…。」という一連の行動がうまくできなかったりするのだ。全くもって情けない。

失敗をするたび、慌てずにしっかり確認して家を出なきゃなぁ…と思っていた矢先だったから、このANIARAを見て、膝を打った。

とにかく収納力抜群のANIARAならば、ケース1つで全て収まるんじゃないかと。

果たしてどうだろうか、と試してみたところ…。 

f:id:ICHIZO:20180118041306j:plain

ぴったりだ!

いやぁ、もう、完璧すぎるぐらいのジャストフィット。

iPhone、BlackBerryは、ケースを入れたまま収納することができるし、ポケットリングを装着しているから、取り出しも楽々。

f:id:ICHIZO:20180118041319j:plain

どんな形で入れてもぴったりで、ちょっと感動してしまうほど。

家を出る際なども、1つのケースに、3個をまとめて放り込むだけでいいので、実に楽。これならば、入れ忘れてしまうことはない筈だ。

ベルトに通したあとのフィット感も、その堅牢性も申し分なく、いやぁ、やっぱりANIARAは良いなぁ、と僕はあらためて、その素晴らしさを認識した。 

f:id:ICHIZO:20180118041332j:plain

押し入れから、もうひとつ、発掘w

モバイル関連ガジェットは、かなり断捨離したが、このケースを捨てるとは思えないため、しっかり探せば、「白」も見つかる筈だ。

かつてこよなく愛したケースだけに、それをまた活用できることが、僕はとても嬉しい。

このエントリーを書きながら、「今でもこのANIARAは入手できるのだろうか…?」と、ふと思ったので、ちょっと調べてみて、驚いた。 

なんと、ANIARAの生産元であるBOBLBEE AB社が、その販売権を他社(Point 65 Packs AB社)に譲渡していたことを知ったからだ。

しかも、もう、数年も前の話。いやはや時の流れを感じる出来事だなぁ…と思った。

しかし、Point 65 Packs AB社において、ボブルビーブランドは継続され、そのラインナップには、ANIARAも残っていた。

ただ…。 

Point 65 BOBLBEE NANO Black【日本正規代理店品】

Point 65 BOBLBEE NANO Black【日本正規代理店品】

 

 「BOBLBEE NANO Black」という名前に変わっていたのが、ちょっと残念。

 商品の素晴らしさは言うまでもないから、ネーミングはどうでもいいことなのだけれど、やっぱり、僕にとって、このケースは「ANIARA」でいて欲しかったなぁ…。

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ