餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

寒さに震えた、夜明けの3時間走

スポンサーリンク

ここ2週間。

僕は、目が回るほどの忙しい日々で、休日も返上続きだった。

しかし、昨日だけは、何とか休めそうな目処がたったため、「ならば、久しぶりにロングランをしよう!」と決意した。

日中は、やらなければいけないことが目白押しだったから、走るならば、やっぱり夜明け前。

ということで、昨日の4時過ぎ。僕はやおら走り始めた。

f:id:ICHIZO:20181217041631j:plain

空は快晴。

前夜、天空にあった月は、既に沈んでいたけれど、金星は眩しく輝いていた。

僕は、久しぶりのロングランと言うことで、ペースを気にせず、クイーンを聞き流しながら、ゆったりのんびり走るつもりだった。

きっと楽しいランになる筈だ、と、思っていたのだけれど…。

甘かった。

寒くて、寒くて、身体が悲鳴を上げてしまったからだ。

天気は快晴で、風がなかったのは救いだけれど、それでも、その寒さは、骨身に染みた。

はてブロランナーには、北海道の方々も沢山いらっしゃるので、たった2℃ぐらいで「寒い」なんて書いていたら、笑われてしまうかもしれない。

北国ランナーの皆さんは、氷点下の状況であっても、皆、元気に走っている。

しかし。

そうは言っても、やっぱり寒いものは寒い。

精神力の弱さがあることは否めないが、それに加えて、体質というものがあるので、どうか許して欲しい。

僕は、「とても寒い」よりは、断然、「とても暑い」方が好きなランナー*1なので、この寒さには耐えられないのだ。

 平日の数キロランであれば、身体が悲鳴を上げる前にランは終わっているので、なんとかなるけれど、ロングランとなると話は別。

僕の脳内に、「無理する時期じゃない」「久しぶりだし」「10kmぐらいで十分」などという、甘い囁きが流れ始めた。

しかし、そんな僕に、大きな力を与えてくれたのが、フレディ・マーキュリーの力強い歌声。

素晴らしい楽曲の数々が、折れそうな僕の心を支え、何とか気力で走り続けた。

走り続けていると、だんだん、空の色が変わってきた。

f:id:ICHIZO:20181217044605j:plain

青と赤の美しいコントラスト。天空に輝く明星。

僕の大好きな、心洗われる情景だ。

ただ、悩ましいこともあった。

「夜」から「朝」に変わる、この時刻は、1日のうちで、最も気温が下がる時間帯。

だから、本当につらかった。指のかじかみはピークに達し、足取りも重たくなっていたのである。

しかし、それでも、何とか僕は走り続けて…。

f:id:ICHIZO:20181217045201j:plain

都立城北中央公園に到達。

僕の大好きな公園のひとつだ。

この時点でも、まだ、時刻は6時前であったけれど、園内には沢山の人たちが集まり、体操や運動をしていた。

僕は、その雰囲気に救われて、何とか走り続けることができた。

f:id:ICHIZO:20181217045413j:plain

この公園には、1周400mの陸上競技場がある。

僕はここで、淡々とペースランを行うのが常。

しかし、昨日は、公園に辿り着くまでに、寒さでかなりの体力を消耗してしまっており、気力も残っていなかった。

ということで、トラックに入っても、僕の足取りは重かった。

ここまで僕が走った距離は、まだ17km程度だったけれど、寒さのせいで心が折れそうだったため、秘密兵器を使うことにした。

f:id:ICHIZO:20181217054423j:plain

 大阪プチバナナ。

先日の大阪マラソンで、奇しくも、17km過ぎのエイドに出てきたものだ。

僕は、その美味しさに感激して、自分用のお土産として購入した。

既に家でも何個か食べていたが、ロングランの補給食として食べると、美味しさが格別。

僕は、なんとか元気を取り戻すことができた。

そうこうしているうちに…。

f:id:ICHIZO:20181217055854j:plain

太陽が昇ってきた! 

夜から朝に変わる瞬間。天空の主役交代。いやはやなんと素敵なんだろう。

こういった変化が楽しめるので、寒くても、やっぱり夜明け前からのランは止められない。

ということで、何とか3時間走をクリア。

距離もスピードも、特筆すべきものは何もないけれど、寒さの中、3時間、走り続けられたということが、今の僕にとっては、とても嬉しい。

大阪プチバナナ(15個入り)

大阪プチバナナ(15個入り)

 

 

*1:「暑い」よりも「寒い」方が走りやすいことは確かなのだけれど、「とても寒い」となると話は別。だったら、「とても暑い」方がいいw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ