餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「クイーン」ファン歴1週間で見に行った「ボヘミアン・ラプソディ」“胸アツ”応援上映の感想

スポンサーリンク

書きたいことはたくさんある。

僕は今、大阪にいて、明日は大事なレースも控えている。

ランナーブログであるなら、そのことについて書くのが「筋」なのかもしれない。

それに、今日は色々と動き回ったので、体はくたくた。レース前日なのだから、ブログなんて書いてないで、寝たほうがいい。

でも。

やっぱり、僕は、今日どうしても書き残しておきたいことがある。

今日はクイーンファンにとって、大事な記念日。バンドのリードボーカルである、フレディ・マーキュリーの命日だからだ。

と。

偉そうに書き始めているが、僕がそのことを知ったのは、つい最近の話。

そもそも、今月、「ボヘミアン・ラプソディ」を見に行くまでは、クイーンの楽曲には、ほとんど興味がなかったし、ボーカリストの名前がフレディ・マーキュリーであるということすら、掌握していなかった。

しかし…。

映画好きの友人に激賞され、観に行ったとたんに、僕は、この映画に痺れまくり、一瞬にして、クイーンの虜になってしまった。


Queen - Live at LIVE AID 1985/07/13 [Best Version]

この動画を見るたびに、映画の感動が蘇ってきてたまらなくなったし、YouTubeに多数アップされている、プロモーション動画も観まくり。

さらに、Amazon Music unlimitedでは、クイーンの曲が聴き放題(素晴らしい!)なので、僕は、コアのファンから数十年遅れで、さまざまな曲を聴き続けている。

あぁ、こんな素晴らしい、心に響く楽曲を作り続けていたバンドだったなんて。

僕はそれを「リアルタイム」で体験できる世代だったにも関わらず、それをスルーしてしまっていたことを、本当に後悔した。

でも、たとえ数十年遅れだろうが、どんなにファン歴が浅かろうが、好きになってしまったのだから仕方がない。

ということで、僕は、再び、「ボヘミアン・ラプソディ」を見に行くことに決めた。

それも…。

f:id:ICHIZO:20181124073310j:plain

なんと、生粋のファンが集まっている(筈の)“胸アツ”応援上映だ。

これは、上映中に声を出したり、歌ったりしてもOKというもので、楽曲が流れる際には、英語の歌詞も表示される。

僕は、ファン歴1週間で見に行ったが、サントラ盤を聴きまくっていたので、少なくとも、映画に出てきた歌は、一緒に口ずさめると思った。

僕の周りは、おそらく、クイーンファン歴何十年という人ばかりだろうから、その大合唱に混じって歌い、感動を共有させてもらおう。

そんなことを考えて、とてもワクワクした。

f:id:ICHIZO:20181124073517j:plain

上映場所は、TOHOシネマズ日比谷のプレミアムシアター。

“胸アツ”応援上映は、各所で開催されているが、通常スクリーンで「こじんまり」と開催されているところばかりだった。

僕は、初回をTOHOシネマズ新宿のTCX*1&Dolby ATMOSという極上のスクリーンで鑑賞したため、できれば、同じ環境か、IMAXで見たかった。

プレミアムシアターは、Dolby ATMOSでこそないが、TCX上映であり、専用のスピーカーも使っているということだったので、これならば、映像と音を堪能した上で、“胸アツ”になれる!と期待した。

…が。

この目論見は、残念ながら失敗に終わってしまった。

映画の内容自体は、もちろん最高に素晴らしく、申し分ない。

何もかもが不明だった初回と異なり、今回は、曲を全て聴き込み、「ファン目線」で鑑賞しているため、一味もふた味も違う感動が押し寄せてきた。

ただ、日比谷という客層なのか、たまたまなのかわからないけれど、声を出して歌っている人がほとんどいなかったのは予想外。

途中の挿入曲などはともかくとして、ラスト20分では、みんなで大合唱になるのだろうと思っていたが…ならなかった。

と言って、全く誰も歌っていないかというとそうではなく、例えば、僕の隣のおじさん(と言っても、多分僕と同年代ぐらいw)は、大きな声で歌っていた。

あぁ、たぶんこのおじさんは、ファン歴何十年なんだろうなぁ…と思い、敬意を表しつつ、でも、その一方で、せっかくのフレディ・マーキュリーの歌声が、おじさんの声に《邪魔》されて、聴こえにくくなってしまったことを、ちょっと残念に感じてしまった。

もちろん、声出しOK、歌ってOKの上映だから、おじさんに問題はない。

しかし、ならば、全員で盛り上がらないと、かえって逆効果になってしまうような気がした。

おそらく、この上映回には、「自分で歌う」よりも、「フレディ・マーキュリーの歌声を聞きたい」観客が揃ってしまったのだろう。

映画の内容はもちろん素晴らしかったので、“胸アツ”にはなったけれど、なんだかもやもやした気分が残ってしまった。

やはり、もう1回は見に行かなければいけないなぁ…。 

クイーン  フレディ・マーキュリー神話~華麗なる生涯~スペシャルBOX 【初回限定生産2,000セット:DVD+Tシャツ/日本語字幕付】

クイーン フレディ・マーキュリー神話~華麗なる生涯~スペシャルBOX 【初回限定生産2,000セット:DVD+Tシャツ/日本語字幕付】

  • アーティスト: フレディ・マーキュリー,ブライアン・メイ,ロジャー・テイラー
  • 出版社/メーカー: ワードレコーズ
  • 発売日: 2012/09/26
  • メディア: DVD
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

*1:TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN の略。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ