餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

あの日、JL413便に何が起こったか?

スポンサーリンク

ちょうど一週間前。先週の金曜日。

僕は、成田からジュネーブに向かっていた。

日本からジュネーブへの直通便はないため、欧州のどこかの都市を経由して向かう必要がある。

僕は、赤組*1の人間だから、ワン・ワールド*2系の航空会社で旅程を組んだ。

ということで、往路は、JALとFin Airを乗り継いで向かうことになった。

タイムスケジュールとしては、10:40に成田を出て、14:50にヘルシンキ着(時差6時間あり)。

ヘルシンキでは、1時間20分の乗り継ぎで、18時10分にはジュネーブに着く予定となっていた。

ちょっと乗り継ぎ時間が短すぎるような気もしたが、それは問題ないようだ。

事前の調査によると、ヘルシンキ空港は、欧州各地への乗り継ぎに特化しているような空港で、非常にスムーズな乗換ができるということだったからである。

出発当日、金曜の夕方にジュネーブに着くなら、僕としても非常に都合が良い。

ゆっくり休んで、土曜は朝からEXPOに行こう。そしてそのあと観光をしよう。僕は、そんな青写真を描いていた。

f:id:ICHIZO:20190517213018j:plain

成田からヘルシンキまで搭乗するのは、JL413便。

f:id:ICHIZO:20190517213043j:plain

出発時間までの間、僕は、JALのラウンジへ。

名物のJAL特製カレーを食べながら、ゆったりと出発の感慨に浸った。

他にも色々と食べたいものはあったが、機内食が入らなくなってしまうので、自粛。

f:id:ICHIZO:20190517214542j:plain
航空機は、定刻の出発。

ここまでは、至って順調な旅の始まりだった。

搭乗してから2時間ぐらい経つと、待望の機内食が出てきた。

メインメニューは、2種類からの選択で、僕が選んだのは…。

f:id:ICHIZO:20190517214930j:plain

 これだった。

「麻婆仕立ての鶏そぼろ丼。彩り豆の豆乳ソース」だ。

JALの長距離国際線では、若き名シェフたちが、競ってメイン料理を担当している。

f:id:ICHIZO:20190517215728j:plain

今回選んだ鶏そぼろ丼も、そんなシェフの逸品という感じで、なかなか美味しかった。

ということで、僕は、デザートまで含めてしっかりと完食。

さて、食後に何を飲もうか、などとのんびり考えていた矢先、機長から緊急アナウンスが入った。

いったいなんだろう?と思って聞いていると…。

僕は、自分の耳を疑い、思わず「えっ?」と叫んでしまった。

(以下、続く。)

*1:航空用語?でJAL派のこと。

*2:世界規模の航空連合の1つ。JAL、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空など13社。Fin Airも含まれる。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ