餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

iPhone Xs/Xs Max/XR発表!「ホームボタン消滅」に感じる未来と寂寥

スポンサーリンク

Apple恒例の(日本時間)夜明け前リリース。

f:id:ICHIZO:20180913041146j:plain

iPhone Xs/Xs Max/XR発表、だ。

ただ、僕にとって、サプライズは殆どなかった。

最近は、発表会前に新iPhoneの情報がリークされまくっており、ほぼ、その情報通りだったからだ。

しかも、今の僕にとっては、《無縁》の商品。

僕は、コンパクトなiPhoneにこだわり続け、「5→5S→SE」と繋いできているため、大型化する一方の新iPhoneには、全く心がそそられない。

とはいえ…。

僕は、一応モバイラーの端くれなので、新機種発表となれば、一応、チェックする義務(?)がある。 

と言うことで、眠い目をこすり、夜明け前ランもサボって、発表会の情報を確認したのだ。

オールドiPhoneファン(?)として、今回最大のポイントは、新機種から、ホームボタン搭載モデルが消滅してしまったこと。

僕は、去年、iPhone10周年に合わせて登場した「iPhone X」を、《特別》《異端》のモデルだと思っていたこともあったので、ちょっと衝撃だった。

《特別》なんかじゃない。これが、iPhoneの描く《未来》だったのだ。

さらに大きく、そして凄くなったiPhoneの性能については、Apple Storeでご確認いただくのが手っ取り早い。

f:id:ICHIZO:20180913043932j:plain

iPhone XS - Apple(日本)

f:id:ICHIZO:20180913043945j:plain

iPhone XR - Apple(日本)

今回の発表会直後、早々と更新。

例によって、扇情的なキャッチコピーとともに、新端末の魅力がつぶさに紹介されている。

ホームボタンを排し、さらに広く、大きくなったiPhoneの画面は、まさに《未来》を感じさせる。

きっと今回も売れるのだろうなぁと思う。

その一方で、僕は一抹の寂しさを感じている。

これまでずっと、ホームボタンはiPhoneの「顔」だと思っていたので、それが消えてしまったことに、やっぱり戸惑ってしまうのだ。

「顔」がなくなった代わり(?)に、「顔認証(Face ID)」を搭載。

iPhoneの看板機能だった「指紋認証(Touch ID)」が消えてしまったことにも、ちょっと戸惑いを覚えている。

いやはや、iPhoneの進化っぷりが凄すぎて、古い頭のオッサンには、もはやついていけない状態だ。

iPhoneがボタンを捨てていくなら、僕はボタンにこだわっていきたい。だから、BlackBerry(ボタンだらけ端末w)一本に絞ろうかなぁなどとも考えたくなってきた。

ただ…。

今日の発表会を見て、ひとつだけ思ったことがある。

「iPhoneは、決してホームボタンを捨てたわけじゃない」ということだ。

今回発表された端末は、全て、昨年発売された「iPhone X」の進化形。

クラシックなiPhoneの流れを汲むモデルは、「iPhone 8」で止まっている。

8とXの間には9があるじゃないか!と思うからだ。

今回の新機種発表以降、「やっぱり、ホームボタンのあるiPhoneが欲しい!」という機運が高まったら、「iPhone 9」を出してくる可能性がある。

これは、実際あり得そうな気がするんだけれどなぁ…。

オールドiPhoneファンとしては、出る出る詐欺の「iPhone SE2」とともに、新たな発表が行われることを期待したい。

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ