餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

圧巻!大阪マラソン「まいどエイド」に、たったひとつの要望が…。

スポンサーリンク

その瞬間を、どれだけ待ちわびたろう。

25km過ぎあたりから、僕の脚はとても重くなり、時折、痛みさえでてくるようになった。

身体も心も疲れていたので、僕は、ただひたすら、「そこ」に辿り着けるのを待っていた。

f:id:ICHIZO:20171202055027j:plain

だから、32km地点を過ぎ、その幟が視界に入った時、僕は、大いに感激したことを思い出す。

f:id:ICHIZO:20171202055213j:plain

大阪マラソンのオアシス、まいどエイドに到達だ!

今回の出場を決めてから、いや、大阪マラソンの情報を収集するようになってから、ずっと、憧れていたエイドだった。

これまで、大阪マラソンを走ったことのあるラン仲間から、「まいどエイドは素晴らしい」という噂を聞いていたし、Webでレポートなども読んでいた。

さらに…。

f:id:ICHIZO:20171202055910j:plain

今回の大阪マラソンExpoで、こんな展示を見てしまったからたまらない。

いやはや実に豪華だ。豪華過ぎる。

これがホントに全部出るのか?限定とかで食べられないものも多いのではないか?

僕は少しだけ不安を感じていたが、結果的に、その不安は、全く杞憂だった。

以下、百聞は一見に如かず。

ということで、まいどエイドでも大活躍してくれたCyber-shot DSC-TX5の写真でご紹介させていただこう。

まいどエイドは、大阪市の各区の商店会総連盟がボランティアで運営されており、その区ごとに、さまざまな食べ物が並んでいる。

f:id:ICHIZO:20171202062248j:plain

エイドの先頭、住之江区ゾーン。

まずは無難に(?)プチトマトからスタート。

f:id:ICHIZO:20171202062335j:plain

…と、思ったら、ゴボウの漬物とかまぼこも並んでいた。

f:id:ICHIZO:20171202062914j:plain

干し梅。

大阪のあんちゃん、やっぱりノリがいいw

f:id:ICHIZO:20171202063052j:plain

西成区ゾーンの三笠まんじゅう。

柔らかくて、甘くて、美味しかったなぁ…。

f:id:ICHIZO:20171202063144j:plain

旭区ゾーン、きゅうりアイス。

きんきんに冷えたきゅうりの食感がたまらない。

f:id:ICHIZO:20171202063224j:plain

阿倍野区ゾーンは、あめちゃん&おやついなり。

f:id:ICHIZO:20171202063321j:plain

疲れた身体に、お稲荷さんの甘みがとても心地よかった。

f:id:ICHIZO:20171202063457j:plain

港区ゾーン。

ここでも、カメラを向けたらお姉さんが笑顔でポーズを撮ってくれた。癒やされたなぁ。

さくらもちとわらびもち(美味!)の、スイーツコンビに続いて…。

f:id:ICHIZO:20171202063920j:plain

たくあんw

ただ、よく考えれば「和」繋がりだし、それまでにも、ゴボウとかきゅうりとか出てきているので、不思議ではなかった。

そして…。

f:id:ICHIZO:20171202064509j:plain

たこ焼きキターーっ!

いやぁ、何ともマラソンのエイドに似つかわしくないが、それでこそ「まいどエイド」の真骨頂。

このゾーンは、特定の区表示がなく、《女性部》の担当になっていた。

たこ焼きは、大阪を象徴する名物だから、全体での提供になったのだろう。

f:id:ICHIZO:20171202065514j:plain

そんな大阪女性部のおばちゃんは、「たこ焼き、ぎょうさん食べてやー」というような笑顔で迎えてくれた。感激だ。

冷たいたこ焼きの味というのが、なんとも微妙で、ぎょうさん食べることはできなかったけれど(^^;

たこ焼きゾーンが終わっても、まだまだエイドは終わらない。

f:id:ICHIZO:20171202065819j:plain

此花区。ようかん、きびだんご。

f:id:ICHIZO:20171202070030j:plain

ここでも、カメラを向けたらお姉さんが笑顔でポーズ。可愛いなぁ。

f:id:ICHIZO:20171202070139j:plain

都島区。冷やしパイナップル。

これは食べなかったのだけれど、あとで調べたら大人気の食べ物だったらしい。今度出場できた時には、絶対にリベンジしようと思う。

f:id:ICHIZO:20171202070413j:plain

東住吉区。しんこ巻き、きゅうり巻き。

見逃してしまったが、他に、しば漬け巻きもあって、巻物ゾーンになっていたようだ。

ここでご飯モノを補給したあとは…。

f:id:ICHIZO:20171202070801j:plain

大正区。揚げ物ゾーン?

今年から新登場のサーターアンダギーに加えて…。

f:id:ICHIZO:20171202071114j:plain

コロッケと…。

f:id:ICHIZO:20171202071142j:plain

唐揚げ。

いやはや、ここは本当にマラソンのエイドなのだろうか?と思う。

僕は、この揚げ物ゾーンで少し迷った。

サーターアンダギーは美味しく食べたものの、コロッケや唐揚げを見つめ続けること30秒。結果、やむを得ず自重することにした。

なんたって、僕はここまで、各種スイーツ、たこやき、稲荷、巻物などなど、かなり食べまくってる。

ここにきて、こんなヘビーな揚げ物を食べてしまうと、流石に、胃が凭れてもう走れないんじゃないかと思ったからだ。

しかし、まだまだエイドは続く。

f:id:ICHIZO:20171202072613j:plain

福島区。らっきょ。

重たい揚げ物ゾーンの後、口直しとしては絶妙の配置だ。

f:id:ICHIZO:20171202072701j:plain

東淀川区。オレンジピールチョコレート、玉子焼き、シュークリーム。

揚げ物はもう入らないが、甘味は別腹w

ということで、僕はこれらを美味しく食べた。玉子焼きもダシが効いた甘めの味付けで美味しかったなぁ。

f:id:ICHIZO:20171202072913j:plain

ここでも、お姉さんが笑顔でポーズをとってくれた。

f:id:ICHIZO:20171202073020j:plain

オーラスは住吉区。

圧巻のまいどエイドを締めくくったのは、デザートのぶどう。

お姉さんたちの笑顔が、これまた素晴らしかった。

写真を見ながら振り返っていたら、まいどエイドの感動が甦ってきた。

エイドに並ぶ、食べものの素晴らしさもさることながら、ボランティアの方々の笑顔、ノリが最高で、僕は大いに癒やされた。

もしも、このエイドで力をもらわなかったら、今回、完走できなかったんじゃないかと思うほどだ。

ということで、圧巻すぎる「まいどエイド」には何の文句もないが、僕は、たったひとつだけ要望がある。

このエイドには、今年、3つのニューアイテムが加わっている。

サーターアンダギー、玉子焼き、シュークリームが、今年からの新商品。そのどれもが、とても美味しかった。

この流れだと、来年以降も、きっと新商品は登場する筈。

となれば、僕の要望する食べ物はたったひとつしかない。

もちろんそれは…。

餃子

だ。

サーターアンダギーやシュークリームは、大阪名物というわけではないから、新商品選定の基準というのは、特にないと思う。

いや、むしろ、大阪はひとくち餃子なども名物なのだから、なぜ、今、餃子が並んでいないのか、僕は不思議でならない。

つまみ業界、おかず業界などにおいて、餃子と永遠のライバルである「唐揚げ」が、エイドに堂々と並んでいるだけに、実に悔しい。

だから、なんとしても、「まいどエイド2018」では餃子の登場に期待したい。

僕は、餃子がまいどエイドで出るなら、全力で、どんな手を使っても(?)出場を目指すつもりだw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ