餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

8年ぶりのMRI検査で思ったこと

スポンサーリンク

世間は三連休モードだったらしい週末。

僕は、あいにくの休日出勤が入っていたけれど、合間を縫って、ランニングで憂さを晴らすつもりだった。

出勤前、夜明け前から走り出せば、僕の時間はたっぷりある。

来週末には大きなイベントも控えているため、仕事もランも、精一杯頑張るつもりだった。

ところが…。

座骨神経痛を発症していることが判明し、ランニングどころではない事態に。

さらに、詳細な検査が必要…と医師に言われ、MRIまで受けることになってしまったのだから、実に気が重い週末になった。

ただ、整形外科医で診てもらって、わずか2日後にMRI検査が受けられることになったのは良かった。

来週早々から、バタバタしたくないので、面倒なことは、週末の間に済ませておくに限る。

f:id:ICHIZO:20170918204521j:plain

MRI検査は、過去何回も受けている。

いったいいつ以来だろうと思い、ブログの過去ログを検索してみたら…。

8年ぶりだった。

あのときは、急に会社昏倒して倒れ、救急車で運ばれて入院したんだよなぁ…。

その1年前にも、僕は入院している。この時は9日間もかかったので、かなり重症だった。

そう、僕は身体がとても弱かったのだ。

しかし、7年前、ランニングを始めて以降は、大きな病気も、怪我もない身体に生まれ変わっていた。

この7年間は、入院どころか、風邪でさえ殆ど引いた記憶がないし、ヒザ痛など、ランナー特有の痛みとも無縁だった。

だからこそ、今回は本当にショックだったし、未だに引かない(むしろ日ごとに悪化している気がする)痛みには、目眩がする。

MRI検査は、あっという間に終わった。

検査と言っても、単に20分程度寝ているだけなのだから、楽なものだ。

独特のあの騒々しい音が苦手な人もいるらしいけれど、僕は、全く抵抗がなくて、あの音を聞きながら、うとうとしてしまったほどw

検査結果は、MRIを受診した病院から、整形外科医院の方に送られるため、診察スケジュールの調整も含めて、1週間ぐらい先までわからない。

だから、その間も不安な気持ちは募っていく。しかも、その結果が出る前に、僕には、ひとつの大きなイベントが控えている。

現状を考えると、そんなイベントどころじゃない、と、わかっているのだけれど、でも。

うーん。

 

めざせMRIの達人

めざせMRIの達人

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ