餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「ラ・シュビドゥンドゥン」(作詞・作曲・歌:筒井康隆 ピアノ演奏:山下洋輔)遂に公開!

スポンサーリンク

脳内リフレインが止まらない。

昨晩から、何回続けて聞いたろう。眠りに落ちるときも、ずっと僕はその旋律と歌声の余韻に酔いしれていた。

今朝もずっと流れ続けているので、夢とうつつの境がつかなくなっているほどだ。

このエントリーを書いて以来、ずっと待ち続けていた「漸然山脈」の挿入歌、「ラ・シュビドゥンドゥン」。


「ラ・シュビドゥンドゥン」(作詞作曲:筒井康隆 ピアノ演奏:山下洋輔)

それが、YouTubeで、遂に公開されたのだ。 

いやぁ、素晴らしい。何度聞いても惚れ惚れする。

筒井康隆先生と山下洋輔先生が懇意だということは、ツツイストならば誰でも知っていると思うのだけれど、山下先生の演奏で筒井先生が歌うのは、意外にも初めてとのことだった。

ただ、競演は、もちろん初めてではない。

7年前。

このイベントで筒井先生と山下先生は競演され、この時も痺れまくったことを思い出す。

この時の映像は公開されていないため、僕の追憶の中にしかないのだけれど、今回は、違う。

筒井先生の素晴らしい歌声、そして山下先生が奏でる旋律。

お互いを信頼しきっていることが、手に取るように伝わってくる映像。何もかもが素晴らしい。

そんな映像が、いつでもどこでも堪能できるなんて。

いやぁ、いい時代になったものだなぁ。ツツイスト冥利に尽きる。 これが興奮せずにいられるものか。

映像を見て、「ラ・シュビドゥンドゥン」っていったい何だ?と思われた人は、是非、筒井康隆先生最新作の「漸然山脈」を読んでいただきたいと思う。

この歌は、「漸然山脈」の挿入歌であり、「漸然山脈」を読んでから聞いてこそ、その、真の凄さが伝わる。

そして、筒井先生&山下先生の感動コラボレーションに酔いしれたあと、再び小説を読むと、また、新たなる興奮が生まれる。

そしてまた、歌を聞きたくなる。そう、無限ループ状態なのである。

「漸然山脈」&「ラ・シュビドゥンドゥン」の至福。

全ツツイスト、必読、必聴、必見だ。

f:id:ICHIZO:20170821204913j:plain 文學界2017年9月号

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ