餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

GPD Pocket用ケースにぴったり!だったのは、IBMの…。

スポンサーリンク

GPD Pocketをゲットした後、最初に悩んだのは、持ち運び用のケースだった。

amazonなどでは、GPD pocket 純正専用ケースはじめ、さまざまな対応ケースが発売されており、最初は、それを買おうかと思った。

ただ、僕は、これまでのモバイラー生活において、さまざまなケースを購入してきたので、何か流用できるものがないか、探ってみることにした。

ということで、引き出しや押し入れなどにしまい込んだものから物色し、試行錯誤。

最初は、これがいいかなぁ…と思った。

f:id:ICHIZO:20170817051937j:plain

BlackBerryロゴ入りのケース。

恥ずかしいことに、僕は、このケースの本来の用途については、全く失念しており、思い出すことができなかった。

BB本体を入れるには大きすぎるし、タブレットのBB PlayBook用としてはちょっと小さいからだ。

BB関連のイベントなどでもらったものだろうか…?

f:id:ICHIZO:20170817052007j:plain

と、それはともかく、GPD Pocketが、ちょうど綺麗に収まった。

f:id:ICHIZO:20170817052127j:plain

蓋がないのは、ちょっと気になる。

とはいえ、伸縮素材ケースなので、持ち運び時に飛び出てしまうようなことはないし、BlackBerryロゴも素敵だったので、いったんはこれに決めた。

ただ、その後、モバイル引き出しなどを整理していたら、これを見つけた。

f:id:ICHIZO:20170817052602j:plain

IBMのロゴ入りケースだ。

僕は、これについても、最初はその本来の用途を失念していた。

f:id:ICHIZO:20170817052832j:plain

一見、ちょっとGPD Pocket用としては小さいかなぁと思ったが、試しに入れてみると…。

f:id:ICHIZO:20170817052850j:plain

ぴったりだ!

まるで専用ケースのように、完璧に収まる。マジックテープの蓋もついているので、保護も万全。文句ない。

さらに素晴らしいことに、ケース内には仕切りがあるので…。

f:id:ICHIZO:20170817053510j:plain

USB Type-Cケーブルや、Type-C Hubなどの付属品を仕分けて入れることができる。

いやはや素晴らしいじゃないか。

ということで、僕は、このケースで毎日楽しくGPD Pocketを持ち歩くことができるようになった。

このケースの本来の用途については、その後、しばらくして思い出した。

f:id:ICHIZO:20170817054205j:plain

そう。

外付けフロッピーディスクドライブ(FDD)用のケースだったのだ。

f:id:ICHIZO:20170817054801j:plain

ケース内の仕切りは、本来、FDDのケーブル収納用だった。

最近、僕は全くフロッピーディスクを使わなくなっていたから、当然、このドライブを使うこともなくなり、だから、ケースの用途についても失念していた。

今回、久しぶりにこのドライブを見ていたら、色々なことを思い出してきた。

IBMでは、これを、「フロッピーディスクドライブ」とは言わず、「ディスケットドライブ」と言ったんだよなぁ、とか…。

ThinkPadにWindows95をインストールする際は、フロッピーディスクを何十枚も(!)入れ替える必要があったんだよなぁ、とか…。

いやはや懐かしい。

もう、僕がフロッピーディスクドライブを使うことは永遠にないと思うけれど、図らずも、ケースがこのような形で再生できたのは、とても嬉しい。

大好きなIBMロゴ入りのケースで持ち歩くGPD Pocket。

最高だ。

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ