餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

絶品餃子と超絶火鍋でWMMを語ろう!@阿佐ヶ谷「豚八戒」(前編)

スポンサーリンク

ワールドマラソンメジャーズ。WMM。

ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティ、そして東京。

この6つのマラソン大会に加えて、オリンピックと世界選手権を加えたシリーズを戦い、2年間を1シーズンとしてランキングが決定されるシステム。

だから自然と、前述の6大メジャー大会には、世界のトップランナーたちが集うことになる。

そして、このWMMには、エリートランナーだけではない楽しみがある。

この6大大会をすべて完走したランナー(Six Star Finisher)には、各大会の記録が入ったSix Star完走証およびSix Star Finisherメダルが授与されるのだ。

僕は、去年のシカゴマラソンEXPOで、いつかこの夢を叶えたいと誓った。

東京、ニューヨークシティ、シカゴ。僕はまだ、そのうち3つを走ったに過ぎないので、あと3つ。まだまだ先は長い。

特に、4月開催のボストンとロンドンは、時期的にも費用的にも壁が高く、かなり難航しそうだと思っている。

日本人がSix Star Finisherになるためには、「東京」以外は、すべて10時間超のロングフライトをしなければならず、とにかく厳しい条件なのだ。

しかし、日本人でも凄い人はいるもので、なんと、一昨年の段階で、既に50人以上!もの日本人がSix Star Finisherになっているというのだから驚いた。

さらに、僕の友人ランナーも、去年、そして今年、とその達成者が相次いで出ているのだから、驚嘆せずにはいられない。

僕は、一生の夢になりそうなWMMについて、先達の方々のお話を伺いたいと思った。

WMM以外にも、世界のマラソンレースは沢山あって、それらに多数出走されている方を中心に、イベントを企画した。

前述の通り、僕は、単にまだ3つのレースを走ったに過ぎないので、「教えを請う」だけの立場。

なので、せめてものお返しとして、会場だけは最高の場所をセッティングしようと決めた。

「世界の」ミシュランにも認められ*1、個人的にも最高に好きな店の1つ。阿佐ヶ谷「豚八戒」だ。

僕は、5年前にこの店を始めて訪れた時、その餃子の素晴らしさに驚愕し…。

3年前には、その2Fを初めて訪問。

エキゾチックな夢空間に感動しまくりだったことを思い出す。

さらに1年後。

僕は、2Fの貸切予約でのみ、「火鍋」が注文できることを知り、オーダーしてみたところ、質量ともに想像以上のものが出てきて、感激。

看板メニューである餃子にも負けない、超絶メニューだと思った。

予約競争が本当に厳しいので、なかなか簡単に訪れることができないのだけれど、それだけの価値がある店。

だから、定期的に通いたいと思っていたのだけれど、去年の春、休業業の情報が流れて、本当にショックだった。

僕は、その休業直前に予約をとっていたので、まだ救われたけれど、その後はしばらく喪失感が続いていたことを思い出す。

その後…。

去年の秋、再開情報を聞いたときは、会社を定時で上がってダッシュ。開店前に並んで駆けつけた。

ただ、この時は、まだ2Fの夢空間はまだ再開しておらず、その数ヶ月後に再開の報を聞いて以降も、とにかく予約がとれなくて、苦労した。

しかし、今年の6月。

ついに何とか8月分の2F予約を取ることができたので、僕はその日を心待ちにしていたのだ。

来る8月1日。

その日は激しい雨が降っていたにも関わらず、店の前には人が並んでいて、相変わらずの人気ぶりを感じた。

f:id:ICHIZO:20170805074511j:plain

さぁ、1年半ぶりの2F夢空間へ。

僕はワクワクしながら、店の扉を開いた。

(以下、続く。)

 

 

世界のマラソンベスト50

世界のマラソンベスト50

  • 作者: ヒュー・ジョーンズ,アレクサンダー・ジェームズ
  • 出版社/メーカー: エクスナレッジ
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

*1:ミシュランガイド東京2017のビグブルマンに選出。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ