餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「うまい餃子」に悶々…。

スポンサーリンク

明日のサロマ行の準備がまるで進んでいない。

体調面を考慮すると、今日は早めに眠る必要もある。だから、ブログを書いている場合などではないのだけれど、どうしても、これだけは書き出さずにいられなかった。

今日は、待ちに待っていたこの本の発売日だからだ。

f:id:ICHIZO:20170623213935j:plain

うまい餃子

その名は、「うまい餃子」。

実にシンプルなタイトルだけれど、それが逆に、この本の凄さを際立たせている。

日本一予約のとれない餃子レストラン「蔓餃苑」の苑主である、パラダイス山元さんが書き下ろされた、最新、最強の餃子レシピ集。

そんな本のタイトルに、余計な飾り言葉は、かえって邪魔になる。

パラダイス山元さんの作る餃子は、ただひたすらに、とにかく最高に…。

うまい餃子!

だと言えるからだ。

レシピ集としては、前作の「餃子の創り方」以来、1年ぶり。

あの時のエントリーで、僕は、「餃界騒然、空前絶後」と書いたが、それは誤りだった。

パラダイス山元さんの餃子レシピは、常に「空前」であることは間違いない。

しかし、次から次へと新しい、素晴らしいアイデアの餃子を送り出してくださるので、決して、「絶後」になることはないからだ。

今回の「うまい餃子」には、またしても、あっと驚く餃子レシピが溢れていて、ページをめくるたびに、「えーっ」「おーっ」の連続。

しかし、それは単に奇をてらっているというわけではなく…

間違いなく、うまい餃子!

に決まっているのだ。

僕は、数年前に、蔓餃苑を訪れるという僥倖を得ているけれど、パラダイス山元さんの創り上げる餃子は、その当時からさらに大きく進化している。

だから僕は、いつかまた、あの夢のような餃子を食べたくてたまらない。

この「うまい餃子」は、そんなパラダイス山元さんが開示してくださった珠玉のレシピ。

だから、蔓餃苑に行けない代わりに、自分で餃子を作るための本である筈なのだけれど、読めば読むほど、「パラダイス山元さんが作る」餃子が食べたくてたまらなくなってくる。

とにかく、素晴らしい餃子の数々を眺めているだけで、僕は悶々としてきてしまったし、サロマを走っている間にも、この素晴らしい餃子群が脳裏に浮かんできそうだ。

あぁ、レース前に読むべき本ではなかったかも(汗)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ