餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「やすらぎの郷」テーマ曲『慕情』(中島みゆき)発売決定!

スポンサーリンク

嬉しくて仕方がない。 

慕情

ついに、「あの」曲が発売されるのだ。

f:id:ICHIZO:20170615034217j:plain

倉本聰原作「やすらぎの郷」の主題歌。僕が、こよなく愛する、みゆきさんの新曲。「慕情」だ。

「やすらぎの郷」は、今年82歳になる倉本聰が、《同年代の大人たちに贈る、全く新しい形の帯ドラマ》として書き下ろした、超話題番組。

放映時間は、平日12:30 - 12:50なので、普通に会社務めをしていたら、リアルタイムでは、まず見られない時間帯。

ただ、リアルにこだわらなければ、いくらでも見る方法はある。

僕は、ゴールデンウィークに放映された総集編を、録画で見て、一気に嵌まってしまった。

いやはや…何というドラマなんだ、これは。

ドラマの舞台となる『やすらぎの郷』は、テレビ業界で成功を成し遂げた俳優、歌手、作家、アーティストなど《テレビ人》だけが入居できる老人ホーム。

そこに、かつて一世を風靡したシナリオライター菊村栄(石坂浩二)が入居する…ところから、このドラマは始まる。

主演の石坂浩二をとりまく競演陣は、元妻の浅丘ルリ子や、元交際相手の加賀まりこをはじめ、五月みどり、野際陽子、八千草薫、藤竜也…という蒼々たる老雄たち。

ドラマ序盤から、浅丘ルリ子が石坂浩二に抱きついたりといった演出など、出演者たちの《現実》を想起させるような展開が満載。

倉本聰が、まさに書きたい放題、やりたい放題で、役者たちも、その特異な設定を楽しんでいる感が伝わってくる、凄いドラマだなぁ…と思った。

そしてまた…。このドラマのテーマに、みゆきさんの、この曲が、実に合うのだ。

この、ちょっとドロドロした(?)大人の物語に、意味深な歌詞と、優しいメロディーが、ズンと響く。

みゆきさんにとっては、「麦の唄」以来、約3年ぶりとなる、中島みゆき45枚目のニューシングル。

前作は、NHK朝ドラテーマということで、爽やかなイメージだったけれど、今回は、一転、実にしっとりした曲に仕上がっている。

ドラマでは、その歌詞の1番しか流れないので、僕は、その続きが聞きたくてたまらない

 発売はまだまだ先だけれど、公式のトレーラーも公開されたので、胸が高まる。


中島みゆき 「慕情」トレーラー [公式]

 もちろん、即、予約。

【早期購入特典あり】慕情(オリジナル・ポケットカレンダー付)

【早期購入特典あり】慕情(オリジナル・ポケットカレンダー付)

  • アーティスト: 中島みゆき
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

今ならば、オリジナル・ポケットカレンダーがつくのも嬉しい。

発売日は、8月23日なので、まだ2ヶ月以上あるけれど、今からとても楽しみだ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ