餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

SF史上に残る原作…を読まずに見ても(いや、むしろ読まない方が)最高に楽しめる「メッセージ」

スポンサーリンク

先週末に鑑賞。

f:id:ICHIZO:20170523051838j:plain

ずっと、日本での公開を待ち侘びていた映画だった。

f:id:ICHIZO:20170523051434j:plain

今回は、前売り券であるムビチケカード(メッセージカード特典つき)も購入したほど。

だから、本当に公開の日を楽しみにしていたのだ。

この映画の原作である「あなたの人生の物語」は、SFファンなら知らない人がいない、と言われるほど、傑作中の傑作。

2000年のネビュラ賞受賞作であるばかりでなく、日本でも、各種オールタイムベストSFの1位に輝く作品なのだ。

その意味でも、SFファン(の端くれ)の僕は、見に行かずにはいられなかった。

f:id:ICHIZO:20170523050832j:plain

僕がこの作品を読んだのは、もう十数年前のこと。

この作品は、同題の短編集に収録されており、100ページあまりの中編なので、復習するのは簡単。

その「アイデア」と「凄さ」は、今でも脳裏に焼きついているけれど、細かいところまでは覚えていなかったので、今回、映画鑑賞前に再読するつもりだった。

過去の記憶が正しければ、どうにも映画化しにくい作品であるように感じたし、原作を超えるイマジネーションが、映像で味わえるとは考えられなかった。

が、僕は、それでいいと思った。

原作の感動に再び酔いしれて、映画では、それがどのように表現されているのかを楽しむつもりだった。

テッド・チャンの作品は、この作品に限らず、どれもこれも素晴らしかった記憶があるので、SFマガジンの個人作家特集も合わせて、じっくりと研究してから臨もうと思っていた…のだけれど。

例によって、ズボラな生活を送っていたため、たった100ページの作品を読む時間をとれないまま、映画の鑑賞日時になってしまった。

週末前に読み直そうと思いつつ、結局、週末に突入。

先週末は、休日出勤や帰省なども控えていて、土曜朝の上映回しか見られそうになかったため、その時間で座席予約していたからだ。

…結果。

僕は、むしろ「再読せずに見た」ことが正解だったんじゃないかと思えている。

原作の細かい内容に捉われず、その醍醐味を味わうことができたからである。

映画は、原作のアイデアやエッセンスを尊重しながら、映像ならではの「見せ方」にこだわり、大きくストーリーを改変している。

特に、クライマックスの息詰まる展開は、全く原作になく、映画ならではのスリリングさをもって、胸に迫ってくる。

これは素晴らしい。素晴らしすぎる。

本格的なSF作品としては、「2001年宇宙の旅」「未知との遭遇」クラスの、後生に残る映画だと思う。

SF好き、特に、ファーストコンタクトテーマが好きな人であれば、絶対に見ておいて損はない。

今年のオスカーでは、音響編集賞の1部門受賞にとどまったけれど、作品賞や、監督賞、脚色賞などにもノミネートされており、そのどれを受賞してもおかしくないほどの作品。

僕は、昨日、ようやく原作を読み直したのだけれど、これは「映画を見るために」先に読んでおく作品ではない、と実感した。

もちろん、圧倒的に素晴らしいSF作品なので、SFファンとして、この作品目当てに読むのであれば、期待に応えてくれる筈だ。

しかし、「映画の予習用」として、読むべきものではない。

その内容は、ベタベタな本格SFであり、小説としては珍しい二人称形式をとっている(それがまさに、この小説の大きな鍵でもあるのだけれど。)ため、ちょっとわかりにくいと感じるかもしれない。

そのため、SF作品に慣れていない読者だと、もしかすると、途中で挫折してしまう可能性もある。

もしもそれで挫折し、映画鑑賞をやめてしまったら、あまりにも、あまりにも、もったいないと思うからだ。

この名作の根幹となるストーリーを知らずに、映画に臨めば…。

ラストシーン。そのストーリーの全てが繋がる、あっと驚く展開、そして、押し寄せる余韻の波に酔いしれることができる。

それは、まさに、「原作予習をしなかった」人だけが味わえる最高の至福だ。

だから、もしもこの映画が気になっているのであれば、原作未読にこだわらず、いや、むしろ、原作未読ならば、その幸せを噛みしめて、スクリーンの感動を味わって欲しいと思う。

映画を見終わった後、原作を読むと…ストーリーが捉えやすく、また、別の角度から味わえて、これもまた、大きな至福に繋がる。

映画も、そして、原作も、超オススメだ。

f:id:ICHIZO:20170523061127j:plain

パンフレットも、もちろん購入。

ちょっと凝った作りだし、写真も裏話も豊富なので、映画に感動したなら買っておく価値はある。

f:id:ICHIZO:20170523061202j:plain邦題の「メッセージ」は、ちょっと地味だなぁ…と思ったのだけれど、映画を見終わった後は、そのストーリーに合った、素晴らしいタイトルだなぁと思っている。

少なくとも、映画の原題である「Arrival」よりは断然いい。

原作小説のタイトルは、「あなたの人生の物語」で、これは、まさに原作の内容を表した最高のネーミングだったのだけれど、この映画に関しては、「メッセージ」の方が合っていると思う。

f:id:ICHIZO:20170523061651j:plain

前売特典のカードは、開くと飛び出す仕掛けになっている。

映画を見終わった後に開いてみると、鑑賞時の感動、余韻が甦ってきた。

いやぁ、本当に素晴らしい映画だったなぁ。

 

 

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: テッド・チャン,公手成幸,浅倉久志,古沢嘉通,嶋田洋一
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2003/09/30
  • メディア: 文庫
  • 購入: 40人 クリック: 509回
  • この商品を含むブログ (388件) を見る
 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ