餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

レース前日の朝。ぐるぐる…。

スポンサーリンク

早朝。4時半。

いつものように目が覚めた。昨日は、10時台には床についていたので、すっきり眠れて快適…の筈、だった。

ところが…。

いざ起き上がろうとすると、視界がぐるぐる回った。目眩だ。

僕は、定まらない情景にくらくらしながら、なんでこんな時に…と、思った。

目眩は僕の持病だが、日中、発作的に発生することが普通で、起床時に発生したことなどなかったからだ。

僕は、ふらつきながらも、なんとかトイレに行き、もう少し睡眠をとることに決めた。

大丈夫。眠ればきっと治る。今週は、怒濤のように忙しい1週間だったから、きっと、その疲れが出ただけだ。そう考えようとした。

朝8時過ぎ。もう一度起床。

早朝よりは、多少はマシになったような気はしたのだけれど、まだ、視界は定まらず、朝食をとる気分にもなれなかった。

シカゴで発生した時のように、嘔吐するほどの症状でもなかったが、身体に食物を入れるのは危険な気がした。

ただ、何か栄養はとっておいた方がいいと思い、ノンカフェインの栄養ドリンクを飲んで、再び横になった。

そして。

12時。眠りに眠ったので、何とか世界は回らなくなった。これでおさまった…と思いたい。

明日は、フルマラソン当日。僕にとって、不本意な結果に終わった別大のリベンジがかかる大事なレース。

古河はなももマラソンの日だ。

ランナーだらけの貸切餃子ナイト以降、僕は酒量を抑え、この1週間は、完全に断酒。

カフェインも断とうと思ったため、ここ数日は、大好きなコーヒーはもちろん、チョコレートやウーロン茶だって、避けている。

ランニング練習も、コツコツこなした。

ソツケンは、8秒差でクリアできなかったが、この1週間の練習は、岩本先生の調整プログラム通りに行うことができた。

あとは、無事に本番を迎えるだけ…と思っていたのに。

このまま目眩が再発しなければ、出走はできると思うけれど、ちょっと不安だ。

 

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ