読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ラン疲れに効く、御徒町「珍満」の《手のし》健康餃子

餃子
スポンサーリンク

御徒町駅北口から、徒歩1分。 

ちょっと脇道に入ったところにあるが、いつも賑わっている人気店だ。

f:id:ICHIZO:20170304074937j:plain

 「手のし餃子 湯麺」の派手な赤い看板が目印の「珍満」。

昭和25年創業の老舗。昭和の香りのする店で、僕は、学生時代から贔屓にしている。

f:id:ICHIZO:20170304075227j:plain

看板メニューは、手のしの焼餃子。

「当店の餃子は、皮・手のし、野菜たっぷりの健康餃子です。カウンターの向こう、見える所で造っています。」との張り紙。餃子に対する自信が感じられる。

もちろん、この日も、餃子目的に訪れた。

f:id:ICHIZO:20170304075236j:plain

店内の雰囲気は、昭和風。

張り紙での案内通り、餃子は、カウンターの内側で手包みしていた。

f:id:ICHIZO:20170304075413j:plain

メニューも、かなり年期が入っている。

僕は、これまでこの店にはひとりで訪れることが多く、餃子とビールだけを注文することがもっぱらだった。

だから、メニューはほとんど見たことがなかったのだけれど、この日はラン仲間とともに訪問したため、メニューを見ながら料理選びをするのも、楽しかった。

僕らは、皆20km超走っていて、ちょっと疲れていた。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20170304075254j:plain

まずはビールで乾杯。

いやはや、このビールが旨かったことといったら!

f:id:ICHIZO:20170304075305j:plain

メイン料理が出てくるまでの間、スピードメニューのメンマで場を繋ぐ。

お通しじゃないか?と思うぐらいの小品だけれど、意外にこれが侮れず、ビールによく合った。

そして。

f:id:ICHIZO:20170304075319j:plain

焼餃子来たーっ!

この日の僕らは、ちょっとハードな練習を行っていたので、かなり疲れていたし、昼からほとんど食べておらず、お腹も空いていた。

だから、本当に待望の餃子だったのだ。 

f:id:ICHIZO:20170304075354j:plain

具は、野菜中心。

ざくざくのキャベツとがっつりニンニク。そして、それを包み込む皮が美味しい。流石、「手のし」を売り物にするだけのことはある。

優しくて、でも力強い味わいが、ラン疲れに効く餃子だ。

味付けは薄めなので、オーソドックスに、酢醤油につけて食べるのがオススメ。

餃子以外にも、いくつか注文。

f:id:ICHIZO:20170304075720j:plain

 豚肉の生姜焼き。

f:id:ICHIZO:20170304075732j:plain

ピリ辛なす炒め。

どちらも、味付けが濃くて、普通に美味しい。

f:id:ICHIZO:20170304075742j:plain

焼きそば。

太麺で、コシがほとんどなくて、柔らかい。

いわゆる普通の焼きそばとは全く異なるモノなので、好みはちょっと分かれるような気がする。

ただ、それが独特な味わいを醸し出していて、僕は悪くないと思う。

一通り食べたあと…。

f:id:ICHIZO:20170304075425j:plain

焼餃子を追加!

最初に出てきた餃子とは、うってかわって、こんがりと強く焼かれて出てきた。一部はちょっと焦げ気味で、かなりムラがある。

ただ、僕は、しっかりと焼かれている餃子が好きだし、これはこれで美味しかった。

f:id:ICHIZO:20170306053823j:plain

締めは、チャーハン。

ビジュアルは、シンプルの極地で、具材的な華やかさはない。しかし、味付けはしっかりしており、しっとり感とパラパラ感のバランスもいい。

美味しい手のしの野菜餃子と、オーソドックスな中華料理群で、僕らは、ランで失ったスタミナと糖質を十分に補給。

華やかさはないが、堅実な昭和の老舗は、この日も健在だった。

 

 

餃子の教科書 ([バラエティ])

餃子の教科書 ([バラエティ])

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ