読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

走りが弾む!「ラ・ラ・ランド」サントラ盤に、痺れまくった夜明け前

スポンサーリンク

ゲットして、本当によかった。

毎日、ひとりで寂しく走るだけの夜明け前ランが、今日は数倍楽しかったからだ。

f:id:ICHIZO:20170303033411j:plain

僕がこのサントラ盤を入手したのは、昨日の夜。

f:id:ICHIZO:20170303034200j:plain Ost: La La Land

本当は、この原盤、輸入盤を買いたかった。

洋画のサントラだから、わざわざ日本盤を買う必要はないし、こちらの方が断然安いからだ。

しかし…。

映画人気に伴い、アマゾンプライムの在庫は切れており、1ヶ月以上も待たなければならず、マーケットプレイス商品も、安価なものは海外からの発送なので、時間が必要だった。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20170303033343j:plain

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

 日本盤で妥協…。

すっきりしたデザインの原盤とは異なり、派手なジャケットに日本語のシールがベタベタと貼られていて、ちょっと興ざめしてしまった。

ただ、収録曲は原盤と同じ筈なので、開封してしまえば、気にならない。

僕は、昨晩入手してすぐ、iTunes経由でiPhoneに取り込み、今日の夜明け前ランから聞き始めることにした。

ラン開始。1曲目。

Bluetoothヘッドホンを通じて、軽快な「Another Day Of Sun」のサウンドが流れ始める。

それとともに、「ラ・ラ・ランド」の鮮烈な冒頭シーンが、脳裏にフラッシュバックした。

夜明け前の東京で走っているのに、脳裏には、鮮やかなカリフォルニアの青空が浮かび上がったのだ。

僕は、走りながら踊りたくなったし、実際に耐えきれなくなり、腕や身体を揺らしながら踊って走った。

若者ならばまだしも、いい歳のオッサンが、暗闇で、踊りながら走っているのだから、不審者として連行されてもおかしくないレベル。

しかし、それぐらい楽しかった。

オスカー主題歌賞を受賞した「City of Stars」も文句なし。

この渋い歌は、真っ暗な道に合う。

サントラ盤には、3つのバージョンが収録されているが、特に、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのデュエットバージョンがたまらない。

映画の情景が甦ってきて、いてもたってもいられなくなる。

僕は口笛を吹くことができないが、もしもできたら、歌に合わせて口笛ランをしたくなってしまうほど、痺れた。

収録曲は、どれもこれも素敵な曲ばかり。

1. Another Day Of Sun (La La Land Cast)
2. Someone In The Crowd
(Emma Stone, Callie Hernandez, Sonoya Mizuno, Jessica Rothe)
3. Mia & Sebastian’s Theme (Justin Hurwitz)
4. A Lovely Night (Ryan Gosling, Emma Stone),
5. Herman’s Habit (Justin Hurwitz)
6. City of Stars (Ryan Gosling)
7. Planetarium (Justin Hurwitz)
8. Summer Montage / Madeline (Justin Hurwitz),
9. City of Stars (Ryan Gosling, Emma Stone) 
10. Start A Fire (John Legend),
11. Engagement Party (Justin Hurwitz)
12. Audition (The Fools Who Dream) (Emma Stone)
13. Epilogue (Justin Hurwitz)
14. The End (Justin Hurtwitz),
15. City of Stars (Humming)
(Justin Hurwitz featuring Emma Stone)

いつもは、ゆったり30分程度走るだけなのに、最後まで聞きたくて、今日は長めのランになってしまった。

f:id:ICHIZO:20170303033434j:plain

f:id:ICHIZO:20170303033446j:plain

CD収載の楽曲リーフレット。

映画の各シーンが掲載されており、眺めていると、また、脳裏に映像が甦ってくる。

f:id:ICHIZO:20170303053652j:plain

歌詞カードは、日本盤オリジナルで、日本語訳と解説付き。

原盤との価格差を埋めるだけの価値はないが、映画理解の手助けにはなると思う。(手助けが必要な映画でもないけれど…。)

サントラ盤に酔いしれつつ走ったら、また、映画を見たくてたまらなくなった。

この映画は、絶対に映画館で見るべきだし、何度でも楽しめる筈なので、ロードショー期間中に必ず再訪したい。

 

【関連】

Ost: La La Land

Ost: La La Land

 
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン,ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ