餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

今日は猫の日!…だけど、あの猫はもういない…。

スポンサーリンク

1年半前。その猫は突然現れた。 

僕は、毎日、目覚めるとすぐ、近所のランニングロードを走っていたが、その途中にある公園のテーブルの上に、ちょこんと姿を見せたのだ。

あの時の感動は、今でも忘れない。

f:id:ICHIZO:20170222052821j:plain

近寄っていっても、撫でても逃げない、とても人なつっこい猫だった。

それから僕は、この猫と会うのが楽しみになった。

夜明け前に走るのは、ランニングが目的なのか、猫を愛でるのが目的なのかわからなくなるほど、僕は、この猫が好きになった。

その後、ちょっとした紆余曲折があり、猫はいったん姿を消してしまうのだけれど…。

しばらくして、突如再会できた時は、本当に感動したことを思い出す。

その後、猫は、日によって、その公園にいたりいなかったりを繰り返していたけれど、それがまた、楽しかった。

「今日、あの猫はいるだろうか?」と思いながら、公園に向かって走るのは、とてもドキドキしたし、そんな思いを抱かせてくれるだけで、僕はとても幸せだった。

雨の日は、きっといないだろうなぁと思って走っていると…。

f:id:ICHIZO:20170222054945j:plain

ベンチの下で、雨を凌いでいたこともあった。

だから、どんな日だって、猫に会える可能性を信じながら、僕は走っていたのだ。

会えない日が続いても大丈夫。

その分、再会できた時の感動もひとしおだったし、猫も、そんな僕の思いに応えて…。

f:id:ICHIZO:20170222054732j:plain

僕の膝の上にしがみついてくれたりした。

いやはや愛しくてたまらなかった。

真冬の時期になると、猫は、公園のテーブル上から姿を消してしまった。

しかし…。

f:id:ICHIZO:20170222060151j:plain

公園の近くにある、発電台(?)みたいなものの上に乗っていることがあった。

テーブルの上よりは多少暖かいのか、その上で、なんとか耐えているように見えた。

寒さが厳しくなってくると、さすがにここにも現れないことが多くなってしまったが…。

去年の今日、2月22日は、いた!

今朝と同じく、とっても寒い朝だったが、現れてくれて、とても嬉しかったことを思い出す。

その時の感動は、僕のつぶやきにちゃんと残っている。

だから。

今日は、あの猫がいた懐かしい公園まで走ってみることにした。

最近は、ちょっと、ランニングコースを変えていたので、そこに向かうのは、本当に久しぶりだったのだ。

今日も、本当に寒かったけれど、僕は、去年の感動を思い出しながら走った。

しかし、もちろん…。

あの猫はいる筈もなかった。

そう、僕の大好きだったあの猫は、もう、公園から消えてしまっていたからだ。

別れの理由は、猫好きの女性が、飼い猫として保護してしまったため。

だから、あの猫にとっては幸せなことだったのだろうし、きっと楽しい日々を送ってくれているものと信じている。

ただ、やっぱり僕は、ちょっと寂しくなってしまった。

折角、猫の日なのになぁ…。

f:id:ICHIZO:20170221223621j:plain

 

 

 

猫のいる日々: 〈新装版〉 (徳間文庫)

猫のいる日々: 〈新装版〉 (徳間文庫)

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ