餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

走れない…。

スポンサーリンク

悔しさでいっぱいの別大マラソンから、4日。

僕は、まだ走り出せずにいる。 

レース翌日の月曜日は、まだ少し落ち込んでいて、走る気分にはなれなかった。帰京後、ブログに別大のレポートを書いたら、さらに切なくなってきて、そのままダウン。

火曜日の夜明け前ランも休んでしまったが、その別大エントリーにいただいたコメントに感激。皆さんの優しさに、胸が熱くなった。

だから、来年の別大で、リベンジを果たすためにも、水曜日からは、気持ちを切り替えて走り始めるつもりだった。

僕が尊敬する岩本先生の著書には、「3日続けて(練習を)休まない」という教えがある。

僕はこれまで、怪我などをした時以外は、それを忠実に守ってきたから、水曜日からの夜明け前ランはマストだと思った。

ところが、それは実現しなかった。

昨日の朝。なぜか突然に、右の肋骨下がずきずき痛みだしたからだ。

僕は、これまで何度も肋骨の痛みを経験したことはあるが、今回は、全くそれと状況が異なっていた。

これまでもの痛みは、転倒によるもので、原因がはっきりしていたからである。

それに引き換え今回は、全く理由がわからない。なぜだ、なぜなんだ。

ただ、僕は、一時的な痛みだと信じ、昨日の夜は走ろうかと思っていた。

しかし…。日中も痛みは全く治まらず、むしろ増していく。とても走れるような状況ではなかった。

帰宅後は、餃子イベントの計画などを考えて、気を紛らわせてみたものの、不安が大きく募ってきた。

昨晩は、痛む場所にロキソニンのテープを貼って就寝。

f:id:ICHIZO:20170209074341j:plain

痛みが治まることを祈って、眠りについた。

そして、今朝。

痛い…。ベッドから起き上がることさえ苦痛になってきた。なんだかだんだん悪化しているような気がして、大いに不安だ。

ランできないのは仕方がないとして、こういう時は、しっかり栄養をとって、まずは整形外科にでも行くべきなのだけれど、僕には、それができない理由があった。

今日、木曜日は、間が悪いことに…。

昨年から2か月待ちだった、胃カメラを受診しなければいけないからだ。

ということで、起きてから、何も口にできず、悶々としながらこれを書いている。

肋骨の痛みも、そして胃カメラの結果も、とても心配だ。

あぁ。 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ