餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

激変天候に戸惑った夜明け前ラン。5日後、別府大分地方の天気は…。

スポンサーリンク

いやはや今日は寒かった。 

f:id:ICHIZO:20170131052310j:plain

先週の夜明け前は、氷点下ランだったので、それに比べれば、ずいぶん高い。

しかし、身体には大きく応えた。それもその筈…。 

昨日の昼間は、20℃にまで気温が上昇していたからだ。

帰宅時は、既に気温がグッと下がって、北風が吹いていたので、今日が寒くなることは予想できていた。

それにしても、実際に走ってみると骨身に染みる。

今週だけは、岩本式練習帳のスケジュールに従うと決めたから、何とか、45分間走り通すことができたけれど、そうでなければ、早々に止めていたかもしれない。

今は冬だから、寒いのは当然。

単純に、毎日寒ければ、身体はそれに合わせて耐性を整えるけれど、日替わりで急に暑くなったり寒くなったりすると、ついていけなくなる。

今は、レース直前の大事な時期なので、体調管理が一番重要。だから、こういった激変天候は本当に悩ましい。

ただ、週間天気予報によれば…。

f:id:ICHIZO:20170131060354j:plain

今日以降は、比較的平年並みで安定した天候になるようだ。

週末は少し最高気温が上がり気味で、走るとなると、ちょっと高めのような気もするけれど、まぁ、許容範囲。

と。ここで僕は思い出した。

今週末、僕が走る場所のは東京じゃない。九州だ。

ということで、別府大分地方の週間天気予報を確認してみたところ…。

f:id:ICHIZO:20170131060635j:plain

うわ。雨じゃないか。

僕は、雨中ランが嫌いじゃないし、少々の雨であれば、呼吸が楽になって、むしろ、かんかん照りよりもいいと思っている。

ただ、それも程度次第。

激しい雨になったりすると、やっぱり走りにくいし、雨よけのポンチョをかぶったりしなければならなくなると、その分、スピードは落ちる。

僕は、関門タイムギリギリのランナーなので、そんなロスが命取りになりかねない。心配だ。

天気に関しては、いくら気にしたところで、自分ではどうにもならないので、運を天に任せるしかない。

それはわかっているけれど、できれば、いい条件でレース当日を迎えたい。

レースまでは、まだ5日あるので、天気予報がいい方向に変わってくれることを願おう。

 

自分で天気を予報できる本 (中経の文庫)

自分で天気を予報できる本 (中経の文庫)

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ