読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

僕のターサー遍歴。そして…「ターサージール 5」ゲットーっ!

Running
スポンサーリンク

僕の勝負シューズは、いつもターサーだ。

初めてそれをゲットしたのは、もう、5年前のことになる。

「ターサーゲイル 3」。

このシューズに出会ったときの感動は忘れない。何という軽さ。そして、フィット感の凄さ。

「虎走」という、シュータンの文字にも痺れ、虎のように走りたい!と思った記憶が甦る。

実際に、レースで使ってみた時の感動も、ハンパじゃなかった。

このシューズの力で、僕は、そのシーズン、ハーフもフルも、当時の自己ベストを達成することができたのだ。

あぁ、ターサーに出会えて良かった。本当に感謝している。

その後…。

「TARTHER 30th」をゲット。

これは、ターサーシリーズの誕生30周年を記念したモデル。

僕は、これで東京マラソンを走り、ターサーの歴史に後押しされて、またもや当時の自己ベスト(3時間26分)を達成。

本当に嬉しかったことを思い出す。

そして。

ちょうど1年前。

「ターサージール 3」が、初売りセールで半額程度になっていたため、喜んで入手した。

この時点では、もう、後継の「ターサージール 4」が出ていたのだけれど、3を選んだことは後悔していない。

後継の4は、踵部分のフィット性などを強化したため、3よりも若干重くなってしまった。

そのため、ネットでの評判では、「4よりも3の方が良い」という声も少なくなかったからだ。

そんなモデルを格安でゲットできたことに満足している。

僕は、ターサーシリーズをレースでしか履かない*1ため、そこそこ長い期間使える。

去年は、極端にレース出走が少なく、このシューズで走ったのは、「別府大分」「北海道」「シカゴ」「つくば」のたった4レース。

累計170km弱しか使っていないので、まだまだ十分現役だった。

だから、今年最大の勝負レース、もう10日後に迫った別大でも、当然、この「ターサージール 3」で臨む予定だった。

しかし、一昨日の朝。ふと、シューズ袋から取り出してみて、僕は唖然とする。

f:id:ICHIZO:20170125043424j:plain

泥だらけorz

「つくばマラソン」出走の際、スタート地点付近のグラウンドが、前日の雨でぐちょぐちょになっていたため、泥に埋まってしまったのだ。

レース後にケアをしておくつもりが、すっかり忘れていて、シューズ袋の中で無残な状態になっていた。

僕は、今更ながら、自分のズボラな性格を恨んだ。

まだレースまでは1週間以上あるので、しっかりと手入れをすれば、回復は十分可能。

ただ、ちょっと面倒くさかったし、ケアのための、まとまった時間がとれるかどうかわからなかったので、別の方法で対処することにした。

そう、最新のモデルを買えばいいじゃないか、とw

ターサージール 5は、3と4の「いいとこどり」をしたということで、実に評判のいいモデル。

僕は、発売以降、ずっと気になっていたので、これを機会に(?)購入に踏み切ることにした。

折しも、Amazonでは、今月25日までシューズ10%オフのフェアを実施中。

  

f:id:ICHIZO:20170125045453j:plain

asics TARTHERZEAL5

f:id:ICHIZO:20170125044955j:plain

このモデルだと、なんと、1万円を切る価格で入手が可能になっていた。

ということで、昨日、夜明け前ランを終えると、すぐに購入ボタンを押し…。

f:id:ICHIZO:20170125043435j:plain

夜。帰宅後にゲット!

欲しいと思ったら、あっという間に入手可能。いやはや、いい時代になったものだなぁ…。

まだ入手したばかりなので、使い心地などはわからないけれど、その点は心配していない。

なんと言っても、これまで絶大な信頼を置いてきた、ターサーシリーズの最新モデルなのだ。

きっと、今年の別大でも、大きな味方になってくれると信じている。

 

 

 

*1:雪道用に入手した、特化モデルの「スノーターサー」を除く。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ