読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

開いてた!「名前のない餃子屋」の、絶品ジューシー餃子に歓喜!!

餃子
スポンサーリンク

(承前)

おぉ!

f:id:ICHIZO:20170118192030j:plain

僕は、この暖簾を見て、雄叫びを上げそうになった。

そう、僕は「りょう華」で餃子を食べたあと、再び、「名前のない餃子屋」前に寄ってみることにしたのだ。

食べログによる、この店の営業時間案内に《1人でやっているので開店時間通りに開かないこともあります。》と書かれていたため、もしかして…と思ったからだが、大正解だった。

ということで、喜び勇んで、入店。

f:id:ICHIZO:20170118192045j:plain

メニューは、餃子のみ。

名前のない「餃子屋」なのだから、当然だ。

僕は、豚汁がついてくる餃子定食に心惹かれたけれど、やはり餃子にこだわりたかったので、焼餃子と水餃子を各1人前注文。

f:id:ICHIZO:20170118192056j:plain

店内は、カウンター8席だけ。

ママさんが、1人で何から何まで行うので、色々と時間がかかる。しかし、ランチタイムの来店客は常連が多いようで、全くそれを気にしていない。

ママさんにできるだけ協力できるようにと、皿の片付けや台ふきなども、客自身が行っている。そんな雰囲気がとてもいい。

f:id:ICHIZO:20170118192108j:plain

僕は、餃子が焼き上がるまでの間、店内に飾られていたサインなどを眺めていた。

この時は、誰のサインだかよくわからなかったのだけれど、あとで調べてみると、勝俣州和やリリーフランキーのサインだったようだ。

ほどなくすると…。

f:id:ICHIZO:20170118192125j:plain

焼餃子が来たーーっ!

美味しさが伝わってくるような焼き色。ちょっと焦げ気味のところもあるけれど、僕は、よく焼けている方が好きなので、十分許容範囲。

一口囓ってみると…。

f:id:ICHIZO:20170118192136j:plain

うぉぉー。美味しい!

小ぶりながらも、パンパンに具が詰まっている。ニラがたっぷり入った肉餃子。

肉汁もたっぷり含まれていて、実にジューシー。いやはやこれはたまらない。

しっかりと焼かれていた皮のカリカリ感も絶妙で、味わい深い餃子だと感じた。

ご飯のおかずにも最高だし、間違いなくビールに合う。

僕は、そういったコラボレーションも楽しみたくなったので、この時点で再訪を決めた。

f:id:ICHIZO:20170118192146j:plain

水餃子も到着!

焼餃子と具は同じ。しかし、味わいは結構異なる。皮は少し柔らかめになっているのだけれど、もちもち感が十分に引き出されている。

f:id:ICHIZO:20170118192157j:plain

溢れんばかりに詰まった、ジューシーな具が、とにかく最高だ。

僕は、「諦めないで良かった。戻ってきて良かった」と、心で思うとともに、2軒めじゃなければなぁ…という思いも、ちょっとこみ上げてきた。

本当は、もう1皿ずつぐらい食べたかったのだけれど、胃の具合と相談すると、断念せざるを得なかったからだ*1

でも、それでいい。

素晴らしい店であることはわかったので、次回の楽しみを残しておこう。

営業時間の制限が非常に厳しい店だけれど、それを克服して訪れる価値は十分にある。

今度行くなら、夜。ビールとともに絶品餃子を堪能したい。

 

Pen(ペン) 2016年 4/15号 [1冊まるごと おいしい餃子。]

Pen(ペン) 2016年 4/15号 [1冊まるごと おいしい餃子。]

 

 

*1:無理すれば食べられないことはなかったと思うけれど、この日は、その後、ランニングの予定だったため、胃がパンパンだと走れなくなってしまう。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ