読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

感想日記エントリーで振り返る、2016年のマラソンレース履歴

Running
スポンサーリンク

2016年のマラソンレースは、リベンジからスタートした。

f:id:ICHIZO:20170106034903j:plain

f:id:ICHIZO:20170106034919j:plain

  • フロストバイトロードレース(ハーフ:1時間36分)

今年は基地内で色々な工事が行われているらしく、所々凹凸で走りにくい箇所があった。しかし、全体的にはフラットだし、とっても気持ちがいいコースだ。

おととし、胸の痛みに苦しみながら走った記憶を思いだし、その借りを返すべく、頑張った。

2年越しの借りを返したフロストバイトロードレース

日本の中にある異国。横田基地の中を走るので、アメリカ気分が味わえる、とっても好きなレースだ。

ただ、一昨年、レース直前に転倒し、肋骨を損傷。それで無理して走ったため、後遺症が残って苦しんだ因縁がある。

だから、そのリベンジができて、とても嬉しかった。

f:id:ICHIZO:20170106035723j:plain

f:id:ICHIZO:20170106035732j:plain

  •  別府大分毎日マラソン(フル:3時間23分)

私設エイドは禁止だし、仮装ランナーもいない。ただストイックに、淡々と走る大会ではあるけれど、それがいい。実にいい。
僕は、スタート前に感じていた緊張感がだんだん薄れ、気持ちが高揚してくるのを感じていた。この大会の雰囲気はやっぱり別格だ。

格別の達成感に包まれてフィニッシュした別府大分毎日マラソン 

レース前は、例によって不安がいっぱいだった。

制限時間は3時間半なので、僕の実力では、本当にギリギリ。しかもグロスタイムだから、全く余裕がないと言っていい。

しかし、コースの素晴らしさに加えて、俊足ランナーの方々に引っ張っていただいたおかげで、何とか完走することができた。

完走後には、素晴らしい打ち上げに参加させていただくこともできたので、ラン仲間とその喜びを共有することもできた。最高だ。

…ということで、幸先のいい1年の始まりに思えたのだけれど、ここから、僕のマラソンレース履歴は暗転する。

3月。近年恒例となっている休日出勤での、過酷な現場重作業が続き、腰を痛めた。

年のせいか、その腰痛がなかなか回復せず…。

f:id:ICHIZO:20170106040022j:plain

  • かすみがうらマラソン(DNS*1

整形外科で診療をしてもらい、骨に異常がないことは確認できていたが、腰が少し疲労しているという診断を受け、リハビリ治療も始めていたほど。だから、マラソンレース出走どころではない状況だったのだ。

かすみがうらマラソン、断念…。 

大好きな、かすみがうらマラソンへの出走ができなくなってしまった。

このレースは相性もよく、3年前には、自己ベスト(3時間19分)も出した大会だっただけに、とても無念だった。

強行出場することもできなくはなかったが、何とか自重したのは、その後に、大目標のレースが控えていたため。

そう、サロマ湖100kmウルトラマラソンだ。

無理しなかったことで、腰はほどなく完治し、その後、順調に調整を積んで、僕は、レース当日を迎えた。

天気も悪くない。好走できるんじゃないかと思った。

ところが…。

f:id:ICHIZO:20170106040838j:plain

  •  サロマ湖100kmウルトラマラソン(100km:11時間25分)

雨風に打たれながら、何とか歩を進めた。早くこの地獄から逃れたい一心で、できる限り走ろうとした。しかし、身体が震えて、思うように進めない。本当に、心底きつかった。

「サロマは今年でやめよう。いや、もう今年も止めよう」とまで思った。それほどまでに、僕の心はうちひしがれていたのだ。

2016サロマ湖100kmウルトラマラソン、反省と教訓 

つらかった。本当にきつかった。

全体の完走率は例年よりも高かったようなので、たとえ雨であっても、低温だったことが、ウルトラランナーにとって好条件だったのだろうと思う。

しかし、僕は、雨対策も、低温対策も不十分なままレースに臨んだため、地獄の苦しみにあえいだ。ラスト20kmを切ったワッカでは、DNF*2さえ覚悟したほど。

ただ、何とか完走できたことは救い。

自分なりに教訓の多いレースだったので、それを生かして、今年はしっかりとリベンジしたい。

f:id:ICHIZO:20170106041154j:plain

f:id:ICHIZO:20170106041203j:plain

  •  北海道マラソン(フル:3時間33分)

僕は、例によって水をかぶりまくり、スポーツドリンクを飲みまくりながら走った。給食はちょっと寂しいが、それでも、バナナしかなかった数年前よりは充実している。トマト、スイカや、バームクーヘンまで出るようになったのだから、個人的には満足だ。

「2016 北海道マラソン」30回記念大会を満喫! 

レース中の最高気温は25℃。

マラソン大会としては、暑すぎるレースなのだけれど、「北海道マラソン」としては普通。

僕は、暑くなければ北海道マラソンじゃないとまで思っているので、これは想定内だった。

どこまでも、どこまでも続く給水テーブルには、今年も感動。3時間半は切れなかったけれど、秋に続く、シーズン初戦のレースとしては、幸先は悪くなかったんじゃないかと思った。

ところが…。f:id:ICHIZO:20170106041445j:plainf:id:ICHIZO:20170106041457j:plain

  • シカゴマラソン(フル:3時間47分)

ここ数年で最悪のタイム。後半歩いてしまったので、当然とも言えるのだけれど、実に情けない。涼しい風で心地良い天気だったし、コースもフラット。それなのに、大きく失速してしまって、泣きたくなる。

シカゴの摩天楼に翻弄された、僕とGarmin 920XTJ 

暗転。

シカゴの地にも、当日のレース条件にも不満はない。雄大な摩天楼の情景と、素晴らしい応援の数々。フラットな高速コース。

当日の天気も、それほど暑くなく、絶好のマラソン日和だった。

しかし、僕の個人的条件が悪すぎた。

シカゴに到着した途端に、原因不明の目眩に襲われ、嘔吐を繰り返し、ダウン。

さらに、レース2日前にホテルの浴槽で転倒。尾てい骨を痛めてしまい、シカゴマラソン前日のファンラン5Kも見送り。

そんな状態での出走だったためか、レース後半は歩いてしまう。

結果、タイムも最悪。折角シカゴまで行ったのになぁ…。

ただ、このレースの完走により、ワールドマラソンメジャーズ全完走目標の折り返し点*3に辿り着けたので、その点では、思い出深いレースになった。

タイムについては、国内でリベンジしよう。

そう思って、僕は背水の陣で、高速レースとして名高いこのレースに臨んだのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20170106042154j:plain

  • つくばマラソン(フル:3時間32分)

絶好のレース条件であったことは間違いない。前半は、順調だった。僕はGarminが教えてくれるラップで、キロ4分50秒を目安に走っていた。呼吸は苦しくない。脚も大丈夫。25kmあたりまでは、実に順調だった。しかし…。

つくばマラソン2016。完走はしたけれど…。 

後半、スタミナとメンタルが切れて、3時間半を切れず…orz。

このレースには、数年前にも苦い思い出があり、あまり好きなコースではなかったのだけれど、それは単なる言い訳。

コースはやっぱりフラットだったし、それほど気温も上がらず、十分タイムが出せていい筈の大会だった。

それなのに…。

ということで、2016年は、幸先良く始まったものの、最終的には悔いの残る1年になってしまった。

来年は、もう少し、気分のいいレポートが書けるよう、頑張ってレースに臨みたい。

*1:Did Not Startの略。レース競技にエントリーはしたが、何らかの事情でスタートできなかったこと。欠場、棄権。

*2:Did Not Finishの略。レース競技に出走はしたものの、何からの事情でフィニッシュできなかったこと。途中棄権。

*3:僕の場合、ニューヨークシティ、東京、シカゴを完走して、残り3つは、ベルリン、ロンドン、ボストン。ここからが苦しい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ