読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

2016年まとめ:餃子系エントリー10選(前編)

餃子 Running
スポンサーリンク

2017年になってしまった。

個人的には、去年は、あまりいい年ではなかったように思うので、きっぱり振り切って、心機一転、今年に賭けようかとも思った。

しかし、折角毎日ブログを書いているのだから、その記録については、自分なりに整理しておきたい。

ということで、例年同様、個人的な覚書として、テーマ別にまとめておくことにした。

まずは、餃子篇だ。

紹介にあたり、一連のエントリーを読み直してみたのだけれど、餃子系のエントリーは多数あるため、だらだらと紹介していると、とても書き切れそうにない。

そのため、断腸の思いで、10エントリーに絞ってみた。アクセス数の細かい集計とかはしていない*1ので、人気順というわけではなく、あくまで、個人的な思い入れでのセレクションになる。

以下、順不同でご紹介させていただく。

1)飯田橋「パイロン」に、貸切可能な別館が!

f:id:ICHIZO:20170102112746j:plain

f:id:ICHIZO:20170102114526j:plain

パイロン本館のすぐ隣にある、宴席用の特別スペース。しかし、本館とは別途に厨房も用意されており、まさに餃子工房だ。十人以上揃えば貸切も可能ということで、ラン好き、餃子好きの仲間を誘って、昨晩は、餃子だらけの新年会を敢行したのである。

 飯田橋「パイロン」別館、『餃子工房』で餃子だらけの新年会! 

飯田橋「パイロン」には、これまで何度も訪問していたが、店の狭いことがちょっと難点だった。

しかし、貸切できる別館ができたことで、その課題を解決。テーブルを囲んで、美味しい餃子を堪能できるようになった。素晴らしい。

昨年末には、市ヶ谷にも支店ができたようなので、今年はそこにも訪問してみたいと思う。

2)別府「湖月」で、3年越しの夢だった《餃ビー》に陶酔

f:id:ICHIZO:20170102114018j:plain

f:id:ICHIZO:20170102114029j:plain

去年、湖月の餃子を初めて食べた瞬間から、これは絶対にビールに合う餃子だと確信していたけれど、想像以上だった。これは、僕的餃ビー史上、最高かつ最強のタッグだ。
僕は、至福の餃子とビールを得て、完走の喜びが何重にも膨れあがるのを感じていた。

別府「湖月」で、2日連続(ローディング&打ち上げ)絶品餃子を堪能! 

2月。別大マラソンの前日とレース後に訪問。

レース後には、念願だったビールも一緒に注文することができ、本当に感動だった。とにかく、大好きな餃子だ。

この店の餃子があるから、そして、レース後に気持ちよく食べたいと思ったから、何とか別大を完走できたんじゃないかと思っている。

3)阿佐ヶ谷「豚八戒」一時休業…そして再開!

f:id:ICHIZO:20170102114751j:plain

f:id:ICHIZO:20170102114800j:plain

あぁぁ、本当に最高の夜だったなぁ。しばらく、この絶品餃子や火鍋を味わえないと思うと、本当に切ない。これからほどなくして、休業に入ってしまうのだけれど、1日も早く再開してくれることを願うばかりだ。

一時休業前に堪能できて本当に良かった、阿佐ヶ谷「豚八戒」の絶品五種餃子&火鍋 

定期的に訪れていた、大好きな「豚八戒」。

ここが、3月から休業してしまうという情報は、本当にショックだった。予約が本当にとりにくい店なのだけれど、たまたま休業直前の日程を押さえていたので、名残惜しさに包まれながら、絶品の料理たちを堪能した。

その後、なかなか再開の時期がわからず、やきもきしていたのだけれど、9月ごろ、まずは1Fのカウンター席から再開したとの情報を聞きつけ、ひとりで駆け込み訪問。

いやぁ、久しぶりにあの素晴らしい餃子たちを堪能できて、本当に嬉しかった。

その後、2F席の貸切予約も再開したようなので、今年は、また、あの夢のような貸切空間を訪れたい。

4)GW(Gyoza Week)だから…餃子三昧!

今年のGW期間には、2軒の新規餃子店を開拓した。

f:id:ICHIZO:20170102142452j:plain

f:id:ICHIZO:20170102142803j:plain

まるで雲呑のような、柔らかい皮に包まれた餃子だ。具は、ニラや生姜の風味と、肉の旨味が調和していて、実にジューシー。

本蓮沼「台北 餃子専門店」で、アスリート御用達のスタミナ中華を堪能!(餃子&小籠包編) 

GW突入直前に訪問。

とても狭くて目立たない店なのだけれど、福原愛ちゃんなど、有名アスリート達が集う、素晴らしい魅力を持った店だった。

餃子は、水・焼・揚餃子の3種があって、同じ具であるにも関わらず、それぞれ、全く違ったテイストで、とても美味しい。

餃子以外の料理のレベルも高く、僕はニンニクがっつりのネギ揚げ豆腐に惚れ込んでしまった。

とても気に入った店だったので、12月には、ラン仲間を誘って、貸切忘年会を実施。最高に楽しかった。

f:id:ICHIZO:20170102144130j:plain

f:id:ICHIZO:20170102144137j:plain

全種類の餃子と、ワインに舌鼓を打っているうちに、時刻は11時になろうとしていた。まさに、至福の4時間。時はゴールデンウィークの真っただ中。でも、僕らにとってのGWは、Gyoza&Wineだった。

餃子とワインに溺れたGW!「僕と餃子の金曜日」で至福の宴(その3 Gyoza&Wine!)

僕と餃子の金曜日。

なんとも洒落た名前ではないか。店名でビビっときて訪問決定。

基本的には餃子バルなのだけれど、2Fには、ゆったりできる座敷があったので、ラン仲間を誘って、GWイベントを実施。

いやぁ、本当に楽しくて、食べた、呑んだ、呑みまくった。

気がつけば、ワインを7本もあけてしまい、在庫切れになってしまった銘柄もあるほど。

5)餃子の街、宇都宮へのひとりウルトラマラソンを敢行!

GW(Gyoza Week)には、もうひとつ、餃子的イベントを実施した。

イベント…と言っても、仲間を集ってのものではなく、ひとりで行った。せっかく、黄金の餃子週間なのだから、餃子の街、宇都宮まで走ろうと考えたのだ。

東京から宇都宮までは、ちょうど100km程度だったので、ランの練習にもなって一石二鳥だと思った。

ところが…。

f:id:ICHIZO:20170102145444j:plain

f:id:ICHIZO:20170102145451j:plain

餃子像でゴール!

僕は、この像を見ながら、「あぁ、やっと餃子の街に辿り着いたんだなぁ。」という感動で、胸が熱くなった。しかし、感動は、そこまで。本来の計画では、その余韻に浸りながら、心ゆくまで餃子とビールに浸る…筈だったのだけれど、それは夢に終わった。

「東京~宇都宮ウルトラマラソン」完走!したのに、『餃子なし』の想定外

いやはや、さんざんな状態でのゴールインだった。 

未明から走り始めたので、道中にはめぼしい餃子店は見つからず、後半は胃痛に苦しんで、ゴールインできないかと思ったほど。

宇都宮についたら、美味しい餃子とビールで、疲れた身体を癒やそうと思ったのに、身も心もボロボロだったため、東京へトンボ帰り。

非常に悔いの残るロングランとなってしまった。

餃子とランニングは相性が悪いのだろうか…。

いや、そんなことはない筈だ。僕は、それを実証するために、リベンジランの計画を立てた。

(以下、続く。)

 

餃子Walker (ウォーカームック)

餃子Walker (ウォーカームック)

 

 

*1:そもそも、細かく集計できるほど、たいしたアクセス数があるわけではないしw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ