餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

スーツ姿でハーフマラソン66分!家族も凄い!!市民ランナーの星、川内優輝のパフォーマンスに敬服。

スポンサーリンク

いやぁ、驚いた。

ランニングクラスタの間では、昨日から大きな話題になっていたようなので、今更という気もするのだけれど、やっぱり書かずにはいられない。それぐらい僕にとっては衝撃のニュースだった。

一昨日の日曜日、「第一回久喜マラソン大会」に出走した、川内優輝のランニングスタイルだ。


引用元- 川内優輝選手応援プロジェクト(久喜本部):facebook

えっ、これが、あの川内?

川内優輝の物真似が得意な、アスリート芸人M高史じゃなく、本人?一週間前に、リオ五輪選考レースのびわ湖毎日をガチで走った、あの川内優輝?僕は目を疑った。それまでは、至って真面目なランナーだと思っていたので、尚更。

しかし、これは紛れもなく川内優輝本人だったのだ。

紺のスーツにネクタイ&サングラスというスタイルで爆走する姿は、ランナーと言うより…。


逃走中 - フジテレビ:

この番組のハンターというイメージだったw

いやぁ、もしも川内がハンターだったら、絶対に誰も逃げ切れないだろう。川内は、この暑苦しいスーツ姿で、ハーフマラソン(21.0975km)大会3位!なんと、1時間6分で駆け抜けてしまったのだから。

この記録は、言うまでもなくギネス級*1。そもそも、なぜこんな姿で走ったのかというのには、理由がある。川内本人によれば、「コース上にある鷲宮がコスプレの街なので、そのPRのために」とのこと。

そもそも、この久喜マラソン大会は、川内優輝の地元である久喜市にて開催。ということで、川内は、地元の大会を盛り上げようと、前から考えていたようだ。

川内の盛り上げは、スーツコスプレだけにとどまらない。66分でのコース爆走後、18km地点まで戻って(!)出走ランナーたちをハイタッチ応援していたというのだ。凄すぎる。

さらに!川内優輝本人だけじゃなく、家族ぐるみでの参加だったということにも驚いた。

それも単なる参加じゃない。川内家の次男(鮮輝選手)が71分58秒、三男(鴻輝選手)は70分23秒、そしてなんと、母親(美加さん)まで走り、1時間54分43秒で完走。

いやぁ、素晴らしいじゃないか。僕は心から敬服した。

この大会は、今回が第一回ということだけれど、来年もまた、川内が出走するというなら、間違いなく盛りあがる筈だ。そして、川内ならば、きっと出走してくれるだろう。

僕も、コスプレで参加してみたくなった。

*1:実際に確認したわけではないが、噂によると、実際、ギネスには「スーツでのハーフマラソン」という記録があるらしく、これまでの記録は1時間24分らしいので、超断然の記録更新。川口クラスの選手がスーツでハーフを走るなんて、普通あり得ないので、当然だとは思うけれど…凄すぎる。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ