餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

「宮古島を走りたい!」という気持ちがこみ上げて来た、JALからのDM

スポンサーリンク

JALから、マイレージバンク会員宛のDMが届いた。
普段は、見ないで捨ててしまうのが常なのだけれど、今回は、ちょっと気になることがあったので、開封してみた。宮古島に関するDMだったからだ。

封入されていたのは、東急ホテル系のリゾート案内だった。
パンフレットの表紙には、素晴らしい空と海の写真とともに、「宮古島の魅力をご存知のあなたへ」と大きく書かれている。
このフレーズは、DMの表面にも書かれていて、どうやら、宮古島のヘビーユーザー向けをターゲットに送ってきたものらしい。
しかし、これは、送付側の大きな誤解。僕は、宮古島の海など見たことはないし、島を巡ったこともないからである。
ならば、なぜこんなものが送られてきたのか。理由はわかっている。
僕は、確かに、宮古島の素晴らしい海と空は体験していない。が、宮古の空港には、何度も降り立ったことがあるからだ。
3年前、JALステイタス獲得のための修行で、僕は、那覇と宮古を何度も往復した。


宮古空港着。これは、那覇発の飛行機が宮古着陸した後、機内からの窓から撮ったもの。2日間を通して、宮古には飽きるほど行ったが、空港からは一歩も出ていないので、空港を外から撮った唯一の写真になる。
2013_那覇-宮古修行覚書(その1〜フライト編) - 言い捨ての小部屋:

あの修行から、もう3年も経つのかぁ…。

那覇-宮古、ピストン旅行(?)時のフライト記録。
この年は、これだけじゃなく、福岡-宮崎を3日間で24フライトしたり、用もないのに伊丹-但馬往復も敢行している。何しろ、年間で80回以上もJAL便に乗ったのだ。
いやはや、凄い修行の年だったなぁ…。
もう、僕は修行をする気力など残っていないのだけれど、このDMをパラパラと眺めていたら、宮古島に行きたくてたまらなくなってきた。もともと、宮古島で走ってみたいレースがあったからである。

そう、宮古島100kmワイドマラソンだ。
コースマップを見るだけで心が躍る。素晴らしい海を、延々と堪能しながらの100km。いやぁ、気持ちよく走れるだろうなぁ…。
今年のレースはもう終わってしまったけれど、来年は、是非出走を検討したい。
…って、これはJALの罠に嵌まってしまったのだろうか?w


マラソン・ジョギング ブログランキングへ