読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

天下無双の東京餃子バイブル!「餃子Walker」を持って街に出よう!

餃子
スポンサーリンク

今日、2月26日発売。
ということで、今日の夜明け前ランの途中、コンビニで早々にゲットした。


餃子Walker (ウォーカームック)

全餃子好き必携のムック、「餃子Walker」だ。
内容としては、2014年の11月に発売された「Tokyo Walker」11/25号の再編集版。僕は、あの時も夜明け前ラン中にゲットして、興奮したことを思い出す。


全ての餃子好き必携!「Tokyo Walker」11/25号は、史上最強の餃子特集だっ!! - 言い捨ての小部屋:

再編集版ということで、内容は結構重なる。目次を見比べてみても、それは明らかだ。

2年前の「Tokyo Walker」特集での目次。

今回の「餃子Walker」目次。
構成こそ異なるけれど、その多くが、「Tokyo Walker」特集記事の再編集版になっている。
ただ、餃界の移り変わりは激しい。あれから1年以上も経っているので、もちろん、それに沿った特集も加えられている。

餃子40,000個を食べた“餃子声優”(橘田いずみさん)が餃天した新店。

餃界騒然のニューフェイス。などなど…。
だから、雑誌特集版を持っている人でも、買って損はない内容になっている。
価格は税込でも950円。餃子ランチを1食我慢すれば買える値段。これからの餃子人生を考えれば絶対にお得だ。

巻末には、掲載店のクーポンも多数ついている。それをうまく使えば、ムック代を浮かせることだって可能。
もちろん、雑誌版を持っていない餃子好きならば、絶対の必携本。1冊持っていて、絶対に損はない。
掲載店は東京の店が中心になっているので、主に、首都圏の餃子好きに向けたムックといえるけれど、首都圏以外の人にも十分価値がある。
日本のどこに住んでいたとしても、春休みやGW、出張などで、東京に来ることがある予定の餃子好きならば、このムックは本当に頼りになる筈だ。
日本中の餃子好きにオススメ。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ