餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

TVシリーズマニア向けの、ボーナストラック作品だった「シャーロック 忌まわしき花嫁」

スポンサーリンク

劇場公開を、心待ちにしていた映画だった。


もともとは見る予定がなかった「スティーブ・ジョブズ」「キャロル」が、望外の面白さだったため、この映画には、それ以上の期待をしていた。

僕は、最近になってこのシリーズの面白さを知ったため、TVシリーズは、まだシーズン2の途中、第5作目までしか鑑賞していなかった。これまでのシリーズは、全9作、シーズン3まであったので、まだまだ半ばと言える段階だった。

だから、映画館に出かける前に、シリーズ全篇を見ておくべきだったのかもしれない。

ただ、劇場版の設定は、1895年のロンドンということだったし、21世紀のロンドンが舞台となるTVシリーズとはまた違った面白さがあるだろうと思った。

しかし、これが大きな間違いだったのだ。

上映開始後、ストーリーに酔いしれようと思ったら、いきなり、関係者による裏話からスタート。シャーロックマニアにとってはそれが面白いのかもしれないが、僕は、少し興醒めだった。

ようやく本編が始まって、さぁ、1895年のシャーロックに酔いしれようと思ったら、実は…。

ネタバレになってしまうので、これ以上は書かないけれど、今回の設定が1895年であろうがなかろうが、これは、あくまで「現代版シャーロック」だった。

シリーズ全篇を見おわってしまって、飢餓感を感じているマニア向けの、いわば、オマケ的なエピソード。ボーナストラックのようなものだったのだ。

それもその筈、そもそもこの作品は、劇場用に作られたものではなく、本国イギリスでは、「特別編」として今年の元旦に放映されたもの。確かに、新年の特別番組として、家で見たならば、「こんなネタもありだなぁ」と思ったかもしれない。

だから僕は、本編公開後に流れた特典映像(20分間)も含め、違和感を感じてしまった。映画の余韻に浸る暇もなかったからだ。

シャーロックマニアの人にとっては、きっと、その特典映像も含めて貴重な内容だったのだろう。

ただ、シリーズ全篇も制覇せずに、この映画に臨んだ僕は、あまりにも無防備だった。この作品では、過去作品のネタも随所に登場するため、僕がまだ見ていないシーズン3のネタもわかってしまった。

無念…。

公式】『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』2016.2.19[金] 全国ロードショー:


マラソン・ジョギング ブログランキングへ