餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

いつもの猫で実感した、夜明け前の寒暖

スポンサーリンク

いやはや今日は寒かった。
4時頃、いつものように夜明け前のランを敢行したのだけれど、たった5km走っただけなのに、手がかじかんで、帰宅後もしばらくキーボードが打てなかった。
radikoによれば、気温は3℃ぐらいとのことだったので、この時期としては、ごく普通の気温なのだけれど、昨日めちゃめちゃ暖かかったので、その落差が応えた。
昨日の夜明け前は、手袋なしでも十分だったし、ラン後は軽く汗まで出てきたほど。この暖かさは、生身で感じたものだが、それ以外にも、実感できたことがあった。
猫だ。
昨年の夏頃、何度かエントリーで書いた、「公園のテーブルにいた猫」は、最近、なかなか見かけなくなってしまっていた。
それは、言うまでもなく、気温が下がった影響。寒くなってきたため、テーブルで寝ているような状況ではなくなったということだろう。
それでも、ごくたまに見かけることがあった。公園のテーブルの上ではなく、公園に隣接したマンション敷地内にある、発電台(?)の上。
CAT1
台の上は、少し暖かいのだろうとは思うけれど、それでも凍えそうに震えているように見える。
寒い日だって見かける時があるのだから、昨日は当然いるに違いないと思って走っていたら、やっぱり…。
CAT2
いた!
台に顔をおしつけて、気持ちよさそうに眠る姿が、何とも愛おしい。僕は、やっぱり、暖かい夜明け前だったんだなぁと実感した。
そして今日。
ぐっと冷え込んだため、昨日のような姿は見られないだろうなぁ、でも、凍えながらいるかも?と思いながら、ランニングコース中にある、猫スポット(?)に辿り着いたのだけれど…。
NON CAT
今日は、やっぱりいなかった。
僕は、どんな時でも走るので、寒い時期も嫌いじゃないのだけれど、いつもの猫に会えないのが、ちょっと寂しい。
でも、もうすぐ季節は春になる。暖かくなって、公園で再会できる日を楽しみに待ちたい。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ