読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ブログ更新が悩ましい週末

雑記
スポンサーリンク

僕は、基本的にスロースターターだ。
フルマラソンレースの場合は、前半ゆったり入った方が、後半に力を出せるため、こういう性格が向いているのかもしれない。しかし、それ以外のシチュエーションにおいて、スロースターターで良かったことは殆どない。
そもそも、スロースターターと言うとちょっと聞こえがよいが、いわば単なるズボラである。
仕事では、締切が迫ってきてから焦ってとりかかるし、プライベートにおいても、予定ギリギリで処理しようとするため、あとで後悔することが多い。
対応が遅いくせに、いざ取りかかってみると、それなりに「形」を残したくなる性格でもあるため、いつもバタバタしてしまう。
それは、このブログについても同様。
僕は、基本的に毎日更新を目指していて、いつしか11年以上も継続中。ブログの内容はともかくとして、「長く続けている」ということが、僕のささやかな矜持になっている。*1
平日の更新は、毎朝起きて、数キロ走ったあと、出社するまでの1時間あまりの間に書いているのが常。走っている間は無心になれるので、その間、テーマやネタを練って、帰宅後、一気呵成で書き上げるのだ*2
平日は、「ラン後、家を出るまで」という時間縛りが明確なため、それに合わせて気持ちが高ぶり、バタバタながらも、何とか書き上げることができている。
問題は、休日。
休日出勤日も含め、通常とは行動の時間帯が異なるため、どうにも歯車が狂う。「いつでもブログが書ける」と思っているため、結局、「いつまでたっても取りかからない」まま、夜になってしまうことが多いのだ。
書きたいネタはいくらでもあるのだけれど、頭が休日モードになっていることもあり、どうにも気分が乗らず、結局夕方を迎えてから焦り出す。
今日も、気がついたら、すっかり夜が更けてしまった。僕がブログを更新しようがしまいが、誰も気にしていないのだから、単に1日スキップすればいいだけなのだけれど、それはそれで、何となく落ち着かなくなってしまう。
ということで、僕は毎週、週末の夜になると、悩ましくなってしまうのだ。
あぁ。

*1:単なる自己満足にすぎない矜持だけれど。

*2:休日、時間のあるときに、書き溜めをしておけば楽だと、いつも思っているのだけれど、なかなかそれができずにいる。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ