読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

深夜の激痛〜別大1週間前の微かな不安

Running
スポンサーリンク

激しい痛みで目が覚めた。
脚が攣ったのだ。猛烈に痛い。これで二晩連続。以前から、脚が攣ることはたまにあったが、二晩連続は珍しい。
昨日の未明は、何度も攣って、本当に痛かったのだけれど、いつものように夜明け前ランは敢行した。
これまで脚が攣った時は、走っているうちに治まってくるのが常だったから、それほど気にはしていなかった。
しかし、今回はそれが仇になったのかもしれない。昨日は、終日ふくらはぎに軽い痛みが残っていたからだ。
昨晩。寝る前、脚にバンテリンを塗り込み、布団も温め、十分にケアして睡眠についたつもりだった。が…ダメだった。激痛で目が覚めて、僕は心が暗くなった。
外は霧雨。予想されていた雪などにはなっておらず、十分走れる気候。だから、本来ならば、走っているところだ。
今シーズンの最大目標レース、別府大分マラソンまで、あと1週間。先日、ナンバーカードの引換券も届いて、気持ちは昂ぶっている。
もう、ロングランをする必要はないのだけれど、今は、1週前の大事な時期。最後の調整ランをするつもりだったのになぁ…。
二日連続の激痛。これは脚が「休め」と言っているのだろうか。
それならば、まだいい。今日じっくりと脚を休めて、明日走れば済む。しかし、もしも明日もまた続くようなら…。
ちょっと不安だ。

Twitter Button from twitbuttons.com


マラソン・ジョギング ブログランキングへ