餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

アイスバーン…アイスバーン。

スポンサーリンク

泣く子とアイスバーンには勝てない。

そう思った夜明け前だった。
昨晩の状況から、ある程度予想はしていたものの、いざ走り出してみると、やっぱりダメだとわかった。
道を選んで走れば、何とかなるような気もしたけれど、何しろ、夜明け前の暗い道を走っているので、どこに氷のトラップ、ブラックアイスバーンが待ち構えているかわからない。
そんな状態でランニングをするのは、とても危険だ。
今シーズンの大目標である別大まで、あと3週間を切った。僕は大事な大会直前になると転びやすいたちでもあるので、無理は禁物。
…ということで、今日は泣く泣く3kmで断念した。
スノーターサーがあるじゃないかと言われそうだけれど、あれはあくまで「雪上」用の靴。スパイク仕様ではないから、アイスバーンの上では当然滑る。それに、雪道以外を走ると、ソールの摩耗が激しいので、勿体なくて使えないのだ。
新雪でのランはとても楽しいのだけれど、雪が溶けたあと、アイスバーン現象になってしまうのが、とても恨めしい。
あぁ。明日は溶けていてくれないかなぁ…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ