餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夜明け前ラン族、試練のシーズン

スポンサーリンク

いやはや、今日も本当に寒かった。
いつものように、いつものランニングロードを、ゆったり5km走っただけなのに、指がかじかんで動かない。帰宅後は、SNSでラン報告をさせていただくのだけれど、キーボードがしばらく打てなくなるほど。
ランニング中に聞き流していたradikoによれば、今日、朝4時台の気温は3℃。この時期の夜明け前らしい気温ではあるのだけれど、年初は暖かい日が続いていたため、ここ数日の寒さは、身体に本当に沁みる。特に、指。
もちろん手袋はしているけれど、それでも、指先がじんじんと痺れるほど、寒い。
ただ、まぁ、5km走るぐらいならまだいい。問題は、週末のロングランだ。
マラソン大会は、秋から春にかけてがベストシーズンで、この時期もさまざまな大会が開催される。確かに、昼間走るのであれば、ある程度寒さも和らいでいるし、走っていると、その寒さも気にならなくなってくる。
しかし、夜明け前は、違う。先週末は、夜明け前にひとりフルマラソンを実施したのだけれど、この時は本当にきつかった。
何がきついといって、一番つらいのは、途中の補給食とトイレ。飴を食べようと思っても、指がかじかんでいて、小袋が引き裂けない。トイレに入って小用を足そうと思っても、ランニングパンツの紐がなかなかほどけない。
正直、泣きたくなるほど、つらい。
僕のような、夜明け前ラン族(?)には、試練のシーズンなのだ、今は。
そんなにまでつらいのなら、週末は、昼にロングランすればいいじゃないか、と言われそうで、確かにそうなのだけれど、やっぱり、夜明け前になると、走りたくなってしまうんだよなぁ…。
ちょっと病気かもしれないw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ