餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

足柄峠走打ち上げ! in登戸「よしだ」&「餃子でワッショイ」

スポンサーリンク

足柄峠走は、とにかく素晴らしい。

今回は、最高のラン仲間と一緒に走れたし、前週のリベンジも叶ったので、尚更そう思う。

足柄峠走の基点となる山北は、都内から行くにはちょっと不便な場所だけれど、着いてしまえば楽園だ。

昼からのスタートであれば、麓の「さくらの湯」で着替えをし、荷物をロッカーに預けたままで、走り出すことが可能*1

そして、峠走が終われば、その「さくらの湯」で、ゆったり温泉を堪能できるのだ。これでたったの700円。いやはや、たまらない。

温泉に浸かったあとも、ゆったりとした座敷でくつろぐことができるし、いろいろな料理を注文することだってできる。

文句なし!と言いたいところなのだけれど、ひとつだけ惜しい点がある。

ここ「さくらの湯」は、健康施設の中に入っているため、アルコール類の提供が行われていないのだ。

温泉後にビールを飲めないというのは、なんとも惜しい。加えて、料理メニューの中に餃子もないというのが、実に残念。

しかし、今回は、友人と打ち上げを行うことに決めていたので、楽しみは、それまでお預けということにした。

ということで、帰りの小田急線を、向ヶ丘遊園で下車。

そのまま小田急に乗っていれば、新宿まで行くのだけれど、途中下車してでも寄る価値のある餃子店が存在していたからだ。

f:id:ICHIZO:20161231144059j:plain

その名は、餃子舗「よしだ」。

この店を訪れるのは、今年3月の峠走以来だった。

今回の峠走前に、あの時のエントリーを読み直していたら、やっぱりまた、ここに行きたくなってしまった。

今回、僕に同行してくれたラン仲間も餃子好きだったので、その感動を共有してもらいたいと思ったからだ。

f:id:ICHIZO:20161231145452j:plain

まずは、ビールで乾杯!

あぁ、やっぱりこれが飲みたかった!疲れた身体に染み渡る。

f:id:ICHIZO:20161231145543j:plain

店内の情景、メニュー類も以前のまま。

カウンターのみで、あまりゆったりと落ち着ける感じはないが、でも、心が安らぐ店だ。

f:id:ICHIZO:20161231150315j:plain

まずは、すぐに出てくるザーサイで場を繋ぐ。

塩味がとても効いていて、ビールが進む。お気に入りのメニューだ。

しばし、友人とラン談議に花を咲かせていたら…。

f:id:ICHIZO:20161231150625j:plain

焼餃子が来たーーっ!

何度見ても惚れ惚れする、黄金色の焼き色。

f:id:ICHIZO:20161231150652j:plain

具は、野菜中心で、生姜とニンニクが効いたパンチのある餃子だ。

峠走の疲れを癒すには最高。

f:id:ICHIZO:20161231150702j:plain

水餃子もやって来た!

具は、焼餃子と同じものなのだけれど、水餃子にすると、もちもち感がアップして、これもまた素晴らしい。

絶品餃子2種の他に、レバニラ炒めも注文したので、峠走で失われたスタミナを補うには、十分すぎるほどだった。

しかし、この日、僕はもう少しラン談議と餃子に酔いしれたかったので、ハシゴを敢行することにした。

ということで、登戸周辺の餃子店をググって調べてみると、駅近くに餃子店があることを発見。

f:id:ICHIZO:20161231161254j:plain

その名も「餃子でワッショイ」

餃子専門店…というよりは、「餃子も置いている居酒屋」と言ったほうが正しいのかもしれないが、餃子の種類もいろいろあるようなので、入ってみることにした。

f:id:ICHIZO:20161231150720j:plain

入口には、「餃子暖簾」がかかっていた。

この暖簾、僕の家にも飾りたいなぁと、少し思いながら入店。

f:id:ICHIZO:20161231162315j:plain

お通しのキャベツを食べながら、ドイツビールで乾杯。

f:id:ICHIZO:20161231150848j:plain

 メニューにはさまざまな種類の餃子が並んでいた。

ただ、僕らは、結構「よしだ」で食べていたし、あれ以上の味は望めそうもないから、まずは、ノーマルな餃子で様子見をすることにした。

f:id:ICHIZO:20161231150808j:plain

焼餃子、到着!

焼き色といい、雰囲気といい、いかにも「冷凍ものを焼いてみました」風。

作りたて、包みたてを焼いてくれる「よしだ」とは、比較にならなかった。 

ただ、ハードルをかなり下げて食べたせいか…。

f:id:ICHIZO:20161231150817j:plain

味はそれほど悪くなかった。

ニラがたっぷり入った、これもまたスタミナがつきそうな餃子。

皮はちょっとイマイチだけれど、どちらかと言えば、僕の好きなタイプの餃子だった。

この店は、食べ放題メニューが売りのようで…。

f:id:ICHIZO:20161231161320j:plain

餃子と生ビールなどが食べ飲み放題で、90分2,480円。

別途、餃子とライスだけなら、980円という食べ放題メニューもあった。

この日はもう余力がなかったけれど、お腹が空いている時であれば、選択肢としては悪くない店だと思う。

この日の僕らは、もう1品だけ。変わり種の山芋わさび餃子を注文。

f:id:ICHIZO:20161231150825j:plain

 凄いビジュアルで登場。

ノーマルな餃子の上に、ドカッと山芋とわさびがかかっているといった感じ。

ビジュアル的なインパクトはあるのだけれど、ちょっと、味が喧嘩してしまっているような感じだったので、個人的には微妙。

ただ、他の変わり種餃子で、まだ試してみたいものもあったし、大勢で来ればいろいろ楽しめると思う。

もしも、今後、集団で峠走を行う機会があれば、その打ち上げ店としては検討してみたい店だ。

 

 

餃子の教科書 ([バラエティ])

餃子の教科書 ([バラエティ])

 

 

*1:チケットは6時時間制になっていて、その時間内であれば、館外への外出もOK。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ