読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

いざ、「サロマ湖100㎞ウルトラマラソン」へ!と、誓った折り返し点

Running
スポンサーリンク

気がつけば、今年のサロマ湖100㎞ウルトラマラソンから、はや、6か月。

僕は、寒さと雨に苦しんで、ボロボロでのゴール。

本当につらいレースだった。

もう、あんな思いは繰り返したくないので、来年のサロマでは、体調も準備も、万全にして臨みたい。

…と、そんなことをふと思ったのは、昨日、こんなものが届いたからだ。

f:id:ICHIZO:20161228040912j:plain

第32回サロマ湖100㎞ウルトラマラソンの参加案内。

ハガキ1枚の素っ気ないものだったけれど、でも、僕の気持ちはそれで十分高まった。

ハガキには、エントリーの開始日時が記載されていた。

一般枠は、2017年1月25日(水)20:00~ということで、この日は、万難を排してエントリーに臨む必要がある。

近年は、受付開始直後からサーバーがパンク状態となり、わずか数十分程度で締切になってしまうのが常だからだ。

昨年は、痛恨だった。

エントリーの時間は、中島みゆき「一会」コンサート鑑賞の真っ最中となっていて、いったんは途方に暮れたことを思い出す。

しかし、レースに出走しないラン仲間が、代行エントリー登録*1をしてくれたおかげで、なんとかスタートラインに立つことができた。

本当に感謝している。

今回は、今のところ予定が入っていないし、今後入れる予定もないので、突発的なトラブルなどなければ、エントリーに専念できる、筈。

次のサロマまでは、もう半年を切った。折り返し点は過ぎたのだ。

もう、これからは、「Previousサロマ」の追憶に浸る時期じゃない。「Nextサロマ」を見据えていかなければ。

f:id:ICHIZO:20161228041532j:plain

これまでの完走メダルたち。

サロマンブルーになるためには、このメダルが10個必要。なので、これも、今が折り返し点と言える。

僕にとって、後半の新たな1歩となる2017年大会は非常に重要。

まずは、なんとしても、エントリー合戦を勝ち抜こう。

今から少しドキドキしてきた。

 

 

違う自分になれ! ウルトラマラソンの方程式

違う自分になれ! ウルトラマラソンの方程式

 

 

*1:RUNNETのお仲間エントリー制度。この仕組みは非常に面倒なので、自分もレースに出走する場合は、自分の分と仲間の分をそれぞれ別に登録しなければならず、それだと間に合わなかった可能性が高い。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ